阿頼耶識とは?潜在意識・仏教との関係は?

阿頼耶識とは?

『阿頼耶識(あらやしき)』は、人間の根底にある潜在意識のことで、“永遠の生命”という意味も持っています。
阿頼耶識は、過去の記憶やカルマを蓄え、さらに未来を切り拓く力も持っています。
阿頼耶識は人生をより善く生きるために非常に重要です。

阿頼耶識は仏教の概念

阿頼耶識は仏教の概念で、潜在意識を指しています。
潜在意識は人の心の最も深い場所にあり、上記にもあるように“永遠の生命”を意味しています。

仏教では心を8つに分けて考えられています。

表層部

・眼識(げんしき)
・耳識(にしき)
・鼻識(びしき)
・舌識(ぜっしき)
・身識(しんしき)

見ていただいて分かるように、表層部には五感があり、第一識~第五識と言われています。
これら五識で情報を得て考えたり感じたりするのが第六識の“意識”です。
さらに意識の奥にある深層心に“末那識(まなしき)”があり、これは潜在意識で第七識、肉体や精神への執着心を持つとされています。
そして、一番奥にあるのが第八識“阿頼耶識”です。
阿頼耶識は、輪廻転生で受け継がれる心です。
個人を形成する心の根とも言えるもので、永遠の生命と捉えられています。

阿頼耶は蓄えるという意味があり、阿頼耶+識で蓄える心ということです。
蓄えられているのは“業=カルマ”で、いわゆる因果応報の法則です。
仏教では、阿頼耶識の中に蓄えられている記憶やカルマを『一切種子識』と言い、人は常に阿頼耶に記憶や想念を送り込んでいます。
それが(原)因で、将来の(結)果を生みます。
因果応報とはそういうことです。
通常、顕在意識には事の善悪を区別した考え方がありますが、阿頼耶識にはそのような区別はありません。
ですから善悪問わず送り込まれた『因』に対して『果』が働くのです。

一般的に人は同じ宇宙に生まれて、同じ時を生きていると考えています。
しかし仏教では、まったく逆のことが教えられています。
人は皆、一人一人の世界に生きているとしており、それは一人一人の過去の行いによって蓄積された業により、阿頼耶識が生み出した自分の世界に生きているという教えなのです。

仏教と意識の関係

仏教において、『意識』は前五識を統制し、記憶や判断、思考、命令を行う心です。
しかし多くの人は、頭で分かっていることでもそうできないことが多々あります。