テトラグラマトンとは?意味や歴史などをご紹介!

テトラグラマトンの意味とは?

テトラグラマトンは、神の名を表わす『神聖四文字』のことです。
それは古代イスラエル人が信じていた神であり、またユダヤ教・キリスト教の唯一神を表します。
イスラム教の唯一の神“アッラーフ”も、テトラグラマトンをアラビア語の呼称にしたものです。

テトラグラマトンは、ヘブライ語の4つの子音文字で構成されています。
アルファベットに置換えると『Y(またはJ・I』『H』『V(またはW)』『H』となります。
ヘブライ語は、筆記では母音記号を省略し、子音だけで意味を読解することができる言語です。
ただし発音に関しては特定が難しく、ですから現在テトラグラマトンの発音は「ヤハウェ」「ヤーヴェ」「エホバ」などの仮説が立てられています。
テトラグラマトンの歴史は、古代イスラエル人の歴史と言っても言い過ぎではありません。
現在、発音は失われていますが、旧約聖書に記載された古代イスラエル人、或いはキリスト生誕の頃のユダヤ人の宗教指導者の間で語り継がれていたものです。

テトラグラマトンの歴史:出エジプトの記

テトラグラマトンで最古の記述は、旧約聖書の“出エジプト記”です。
モーセの問いに、神は「私は在りて在るもの」と名乗り、この「私は在る」という部分がテトラグラマトンの語源となったのです。
出エジプト記に関しては、正確な筆記時期は分かっていません。
しかし紀元前13世紀に古代イスラエル人のエジプト脱出となり、第19王朝ラムセス2世を統治していた時期であると言われていることから、紀元前13世紀にはテトラグラマトンは筆記と発音の両方が存在していたということです。
出エジプト記には「あなたはあなたの神、主の御名をみだりに唱えてはならない」という部分があり、古代イスラエルの人々はテトラグラマトンを口にしていたことが分かります。
出エジプト記は、旧約聖書の二番目の書です。
創世記の後、モーセがユダヤ人を率いてエジプトから脱出する物語が中心となっています。
モーセ五書の1つで、全40章。

ユダヤ人と呼ばれる所以

古代イスラエル人は放浪の末にエルサレムに王国を創り、やがて北のイスラエルと南のユダに分裂したのです。
北はアッシリアによって滅びましたが、南の人々はバビロニアで囚われ、血を受け継いでいきます。
そしてそれ以降、南の人々は“ユダヤ人”と呼ばれるようになったのです。
さらに紀元前6世紀、バビロニアがアケメネス朝ペルシアで滅亡すると、