ノンデュアリティ(非二元)とは?ノンデュアリティを分かりやすく解説!

ノンデュアリティ(非二元)とは?世界は一つのエネルギー

『ノンデュアリティ』という言葉をご存知でしょうか。
始めて聞くという方も少なくないかもしれませんが、「聞いたことはあるけど、未だに意味が分からない」という方も多いのではないでしょうか。

ノンデュアリティは日本語にすると『非二元』になります。
nonは『~でない』、dualは『2つの』ですから、直訳すると「2つでない」という意味ですね。
「2つでない」はつまり、世界は一つであり2つに離れていない、分離されていないということです。
もう少し分かりやすくお話しすると、世界は一体であり、私もあなたもそこにあるマグカップもパソコンも一体である、という考え方です。
すべては区別して考える必要がなく、一つのものなのです。
物質はすべて小さな原子や粒子からできており、すべての原子が素粒子の集まりだと考えると、世界は一つだということが分かるのではないでしょうか。
素粒子は量子論で『波動であり粒子である』と定義付けられており、世界の活動や流れはすべて、素粒子でできた原子や分子がエネルギーによって変動し、そのことによって起こっている、ということです。

「自分は・・・」と自己を表現したときに、その人はこの世界から切り離されます。
「あなたは・・」と誰かが名指しでその人を呼んだとき、その人はその人以外のものと区別して捉えられるのです。
時間も空間も物質も、人間も動物も植物も、すべては一つのエネルギーが形を変えて現れているだけ、という考え方です。

では、いまここで感じているこの感覚や、昨日美味しいと感じて食べた食事は何なのでしょう。
そうした出来事や感覚をノンデュアリティでは「人が何かに対して感じる感情は、自分が意識上で作り出した幻想である」としています。

物事を善悪で分けることはなく、好き嫌い、上手い下手、キレイ汚い、そうしたことで分けることもありません。
あくまでも世界は一つのエネルギーで