スピリチュアルでの睡眠の意味とは?魂の里帰り?睡眠障害は?

睡眠中は里帰りの時間

健康な生活に必要なものとして、『睡眠』は医学的に不可欠なものとされています。
スピリチュアルな世界においても、睡眠は非常に重要だと言われています。
睡眠中、ほとんどの人は記憶がありません。
夢を見ることや中途覚醒することはあっても、眠っている間のことを覚えている人はいないでしょう。
スピリチュアルにおいては、睡眠中は魂が里帰りしていると言われています。
里帰り、つまりあの世に帰っているということです。
睡眠は魂にとってあの世でエネルギーを得る充電時間となりますので、非常に重要だということになりますね。
睡眠不足は脳や体に悪い影響を与えるだけでなく、魂もエネルギー不足に陥らせてしまいます。

ですから、普段からショートスリーパーの人は、魂だけ抜け出してあの世に帰ることが上手な人かもしれませんね。
よく働き、よく食べて、よく眠ることで、魂は十分なエネルギーを得て成長することができるのです。

魂のレベルアップとエネルギー

「寝ても寝ても寝足りない」「ちゃんと眠ったのにまだ眠い」ということがありますね。
上記で述べたように、睡眠中は魂があの世に帰ってエネルギーを充電しています。
ということは、眠っても眠っても眠いときには、魂があの世に帰って充電したがっているということになりますね。

魂がレベルアップするときには非常に多くのエネルギーを必要とします。
ですから、レベルアップする前にはエネルギーを蓄えておく必要があります。
そして多くのエネルギーを蓄えた上で、レベルアップしている最中にもさらにエネルギーが必要になりますし、レベルアップ後には補うようにエネルギーを充電する必要があります。
ですから魂のレベルアップには、その前後にも強い眠気を感じるのです。
魂が次のステージに進むには、眠気に逆らわずにたくさんの睡眠を取る必要があるということです。

疲れが抜けない、倦怠感がある、もっと眠りたい、それは魂のレベルアップのサインかもしれませんね。

睡眠障害の正体は?

ここまでの話を理解して、「私が眠れないのは魂がレベルアップしようとしていないから?」と思う方もいるかもしれませんね。
中には寝付きが悪い方や長時間継続して眠ることが難しい方など、眠りに関してデリケート方もいらっしゃるでしょう。
そのような方は、もしかしたら近くに霊がいるのかもしれません。
悪い霊が近くにいることで、魂があの世に帰ることを妨げている