【織姫と彦星】意外と知らない七夕物語や七夕の由来は?二人の星座についても解説!

織姫と彦星の七夕物語

七夕と言えば7月7日。
『織姫と彦星』が年に1回会える日ですね。
笹に願い事を書いた短冊を飾ったことがある方は多いのではないでしょうか。

では、七夕物語はご存知ですか?
「子どもの頃に聞いたことがある」という方は多いかもしれませんが、「大人になった今でもしっかり覚えている!」という方は意外と少ないのではないでしょうか。

それでは今一度、七夕物語を読んでみましょう。

七夕物語

むかしむかしのお話です。
天の川のほとりに天の神様が住んでいました。
天の神様には一人娘がいて、娘の名前は織姫と言いました。
織姫はとても機織りが上手で、天の神様や周りの人たちに着物を作っては喜ばれていました。
年頃になった織姫に、天の神様は牛飼いの彦星を会わせます。
彦星は大変働き者でしたので、天の神様は織姫の結婚相手として申し分ないと考えたのです。
二人はすぐに惹かれ合い、結婚をして、新たな生活を送るようになりました。
織姫と彦星はお互いに好きな気持ちが強すぎて、二人だけの生活が楽しくて幸せで、ほかのことには関心を失くしてしまったのです。
たくさんの人たちの着物がボロボロになっても、織姫が新しい着物を作ることはなくなり、彦星の牛たちは次々と病気になってしまいます。
見兼ねた天の神様は二人を引き離し、天の川を挟んで別々に暮らすように言ったのです。
以来、織姫は毎日泣いて暮らし、彦星も元気を失くしてしまいました。
天の神様は、深い悲しみの中で毎日を過ごす織姫が不憫になり、一年に一度、七月七日だけは二人が会うことを許します。
二人は七月七日に会えることを楽しみに、仕事を一生懸命頑張りました。
織姫は機織りをしてみんなの着物を作ることに励み、彦星は牛のお世話を頑張りましたとさ。
おしまい。

いかがでしたか?
思い出しましたか?
『怠けていると好きなことができなくなるよ』というメッセ