紙垂とは?意味や由来、作り方などをご紹介!

紙垂とは?

『紙垂』と聞いて、すぐにピンと来る方は少ないかもしれませんね。
読み方は『しで』です。
紙垂は、神社の注連縄(しめなわ)玉串(たまぐし)、お祓いをするときに神主さんが振る棒の祓串(はらえぐし)、大麻(おおぬさ)に付いているヒラヒラとした紙のことです。
紙垂を『四手』と表すこともあります。
身近なところでは、神社の御神木、正月の鏡餅、御神体の岩などに下げられているのを見たことがあるでしょう。
また、相撲の横綱の土俵入りでは、紙垂のついた綱を締めていますね。
紙垂がある場所は神聖な場所であることを示し、境界線として下げられています。

紙垂の由来

紙垂は、古事記の天の岩戸伝承に登場しますので、奈良時代以前から使われていたことが考えられています。
古事記では、岩戸に隠れた天照をどうにか外に出したいと思案した神々が、占いをした後に岩戸の前に賢木を立てます。
この賢木に付けられた様々な飾りの中で、“下の枝に下げた白丹寸手(しらにきて)と青丹寸手(あおにきて)が紙垂です。
これが紙垂の起源だと言われています。
形が独特で、折り込まれた紙がヒラヒラとするのが特徴ですね。
これは、白い紙を交互に切り割くことで無限の広がりを表しており、無限の広がりは神の力を象徴したものだと言われています。
また、注連縄(しめなわ)は雲を表し、細い藁の〆の子は雨を表し、紙垂は稲妻や稲光を表わしているという説もあります。
稲が実る時期は稲妻が多いため、稲妻が豊作を呼び込むと考えられてたのです。

紙垂の紙の切り方・折り方は形式や流派があり、代表的なものでは『吉田家流』『白川家流』『伊勢流』があります。
紙垂は、2枚、3枚、4枚、7枚、8枚などがあり、大きさもいろいろです。
実は数や大きさにはそれほど厳密な決まりはないそうです。

注連縄の意味とは?

紙垂には、神聖な場所としての境界線の意味があることが分かりましたね。
では、注連縄にはどんな意味があるのでしょうか。

注連縄は、神聖な場所であることを示し、神様を祀るのに相応しい場所であることを意味しています。
また、神様がそこに宿る印でもあり、神様