夜中に目が覚めるのは何かスピリチュアル的な意味があるの?

スピリチュアル的に夜中に目覚める意味とは?

まず、睡眠のお話から。
人間は、眠っている間、どうなっていると思いますか?
実は、魂がスピリチュアルワールドに帰っているのです。
何をしに帰るのか?
それは、魂にパワーを充電するためです。
そうしてその充電を使って、またこの世での生活を送るのです。

ですが、それはよく眠れたときのお話です。
魂が安定しているときというのは、魂は通常サマーランドと呼ばれる上層部と中層部にいくようになっています。
ちなみに、そのときに見る夢のことを、スピリチュアルドリームといいます。

ただ、よく眠れないとき、ストレスで熟睡できないときなどは魂が不安定となっているために、下層部へといってしまいます。
いわゆる、地獄、と呼ばれているところですね。

そうなると、悪夢を見ます。
そして、夜中に目が覚めてしまう、そんなことが起きるのです。

夜中に目が覚めてしまう原因は?

夜中に目が覚めてしまう。
その原因の一つには、眠る環境が悪いことがあげられます。

よくいわれる金縛りも、睡眠環境がその要因になっていることがあります。
金縛りは、霊的な原因のものもありますが、それは波長が呼び寄せているもの。
その場合は、お腹、とくに丹田に力を入れるようにして、「来ないでください」とはっきり伝えましょう。
そうすると、不思議なくらいあっさりと金縛りが抜けたりするものです。
強めに念じるのが大事ですね。「来るな!」と。

霊的な金縛りかどうかの違いを見極めるには、耳鳴りをヒントにするといいでしょう。
キーンという耳鳴りや、ザーッという雑音が聞こえてきたときには、霊的な金縛りとみていいでしょう。
そういうときには、あたりが渦巻くようなめまいも起こることが多いはずです。
そんなときにはとにかく気合で霊を撃退してしまえばいいのです。

ですが、霊的なものでない場合の金縛り。
これは、身体は寝ているのに、頭が覚めている状態。
こういった状態のときは、興奮した神経を抑える必要があります。
その場でできる簡単な方法は、仰向けに寝て丹田に手を当てることです。
そして、腹式呼吸をします。
吸う息よりも、吐く息を長