雷のスピリチュアルな意味やメッセージとは?

雷のスピリチュアルな意味とは?

すべての物事に意味はあるというのは、このスピリチュアル業界では常識ですが、もちろん、雷にも意味があります。
まず、災害などといった、いわゆる天災は人の波動がもたらしているものです。
そして、必要があって起きていること。
そこには深い学びがあります。
私たちは、災害が起きた時、そのことをよくよく考えなければなりません。
雷からもたらされるメッセージも同じです。
我々は自然への恩恵を忘れてしまっています。
思い出してください。
この地球上に存在するもの。
植物も鉱物も、動物もすべてその霊性を進化させることで人間になろうとしているのです。
もしあなたにペットがいたら、そのペットのことをよく見てみてください。
なんだか人間らしいと思えるようなところはないでしょうか?
まるで人間の気持ちを分かっているかのような。
動物の中でも、人に飼われるペットというのは、人霊に近い魂です。
来世ではあなたのペットが人間になっているかもしれませんね。
そんなふうに、地球上のすべてのものが人間に進化しようと常に向上しています。
つまり、われわれ人間はみな本当は自然物であったのです。
地球そのものであったのです。

そう考えれば、我々は我々自身の首を絞めているのです。
森林伐採、環境汚染、これらは自殺行為なのですね。
災害などはそういった人間の行為への警告でもあります。
人間の行いが間違っているというメッセージなのです。

雷のもたらすメッセージとは?

雷のスピリチュアル的なメッセージは、「変革」
雷が落ちると物凄い音がしますよね。
地の底から震えるような衝撃を受けます。
それが私たちの魂にも響くはずなのです。
この雷が落ちた時のパワーは、この世の負マイナスエネルギーを払拭してくれます。
もともと、雷の語源である大和言葉は「いなづま」です。
漢字で書くと、「稲の妻」となります。
稲の妻、とは面白いですよね。
なぜそんな漢字になったのか。
昔の人には、雷が稲を実らせてくれると信じられていたからです。
それから、雷は「神鳴り」とも書きます。
雷は神が起こすもの、神が鳴らすものと信じられていたのですね。

雷のメッセージを受け取ったときにするべき変化

前述したように、雷にもスピリチュアル的なメッセージが含まれています。
特に、あなたの近くで雷が発生した場合、そのメッセージは顕著です。
しっかりその意味を考えるようにしましょう。
先に伝えたように、雷の象徴メッセージは「変革」「変化」です。
雷が側で起こった時は、あなたに変化が必要なときかもしれません。
たとえば、雷が建物に落ちた場合などは、「すべてをやり直せ」というメッセージの場合があります。
また、雷は電子機器によく影響を及ぼしますが、パソコンやスマートホンなどが壊れてしまった場合。
これは、その情報端末が壊れたという意味を考える必要があります。
それを読み解くと、あなたのコミュニケーションの取り方を改めろということになります。

雷と龍神の関係とは?

これまで、雷様からのメッセージについてお話してきました。
雷は神のメッセージだという方もいますが、確かに、雷は龍神様が引き起こすものです。
そして、雨と同様に、そこには浄化の作用があります。
その場所の、マイナスエネルギーを、雷は浄化してくれるのです。
ただ、昨今は地球環境の悪化によって、この均衡も崩れつつあります。
雷も減ってきたと思いませんか?
都心は特に、様々な電磁波や電気、電波などが混線しています。
このことにより、正常な雷の浄化作用が及ばなくなってしまっているのです。
今の世の中は、人々が魔物化しているといわれています。
人間の心を持つ人がとうていできないような悲惨な殺人事件など。
これは、自分でない何者かに憑依されて起こしてしまった事件である可能性もあるのです。
人々が正常に、安全に安心に行きるためにも、地球環境を守ることがとても重要なのです。

また、雷は浄化だけではなく、「覚醒」ももたらします。
雷に打たれれば普通死にますが、雷に打たれて覚醒した、パワーアップした、という人も中にはいるようです。
ただ、繰り返しになりますが、普通は雷に打たれれば死にますので、自ら雷に打たれにいくようなことは絶対にしないでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
雷には、大きなスピリチュアル的な意味があります。
浄化の作用。
そして、あなたへのメッセージ。
あなたの側で雷が落ちたときは、一度自分のことを振り返ってみましょう。
考え方を改める必要があると、雷は教えてくれているのです。

自然を大切にしていますか?
感謝をしていますか?
動物や植物にも、優しくしていますか?
非道徳になってはいませんか?
人を傷つけるようなことをしてはいませんか?
そんなふうに、自分の言動を思い返してみて、反省すべき点があるのなら、しっかり反省して、改めていくようにしましょう。

関連記事