カメムシのスピリチュアルな意味やメッセージとは?

冬場になると布団や洗濯ものに引っ付き、触ると嫌な臭いのする「カメムシ」。
あまりの臭さから、地方によってはカメムシを、「ヘコキムシ」や「へクサムシ」と呼んでいます。

しかし、そんなカメムシですが、スピリチュアルの世界では神様からのメッセージを私達に伝えてくれる重要な役割を担っています。
今回はそんなカメムシのスピリチュアルな意味やメッセージについてご紹介致します。

カメムシのスピリチュアルな意味とは?

カメムシのスピリチュアルな意味は「深刻」、「危険」です。
なぜなら、カメムシは臭い匂いによって、仲間に対して危険を知らせるという習性があるからです。
ちなみに、カメムシ自身にとってもその匂いは有害で、自分の匂いによって気絶したり死亡したりしてしまうこともあります。
つまり、カメムシが自分の身体を危険に晒してまで臭い匂いを発する=それほど深刻な事態が周りに発生している。
ということになります。

従って、何故かあなたの周りにカメムシがやってきたり、カメムシの嫌な香りが鼻に付いた時、それは、あなたの周りに深刻な事態が迫っていることを、カメムシが教えてくれているのかもしれません。

カメムシが伝えてくれるスピリチュアルなメッセージ<