スピリチュアル的に人間嫌いとは?人間嫌いになってしまう原因や特徴もご紹介!

人づきあいが苦手で、できるかぎり1人で過ごしたいと思っている「人間嫌い」なあなたへ。
人間嫌いになってしまったのには何か理由があるかもしれませんが、今の状態が続いてしまうのは、スピリチュアル的にあまり良くありません。
そこで今回は、「スピリチュアル的に人間嫌いとはどういう状態なのか」や、「人間嫌いになる原因」、そして「人間嫌いの克服方法」まで詳しくご紹介したいと思います。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

スピリチュアル的に「人間嫌い」とは?

一般的に「人間嫌い」とは、人との付き合いを嫌っていたり、他人を信用することができなかったりする性格のことを指します。
重度の場合だと、社会生活を行えないほどになってしまうことも。
一方で、スピリチュアル的な観点から人間嫌いについて考えると、「魂のレベルが低い状態」だということがわかります。
なぜかというと、魂レベルが低い人の特徴である「マイナス思考」、「心配性」、「不安症」、「人を嫌ったり憎んだりする」という点などが一致しているからです。
ただし、私たちは魂の鍛錬のためにこの世に存在しているので、現時点で魂レベルが低かったとしても落ち込むことはありません。

人間嫌いな人の心理的な特徴3つ

人間嫌いな人の心理的特徴としては、大きく3つに分けられます。
1つ目は「人とかかわるのが面倒」、2つ目は「人とかかわるのが怖い」、3つ目は「自分のことが嫌い」ということです。
では、それぞれ詳しく解説していきましょう。

1人とかかわるのが面倒

人間嫌いな人の心理的な特徴1つ目は「人とかかわるのが面倒」ということです。
人とどのようにコミュニケーションをとったら良いかわからない人や、人に気を遣いすぎて疲れてしまうタイプの人に多いと言えるでしょう。
人と接するときにエネルギーを消耗してしまうことから、人とかかわるのが面倒だと感じてしまうのです。

2人とかかわるのが怖い

人間嫌いな人の心理的な特徴2つ目は「人とかかわるのが怖い」ということです。
「どんなに仲良くしていても、心の中では何を考えているかわからない」、「いつか裏切られるかもしれない」という心理が働き、どうしても人とかかわるのが怖くなってしまうのです。
また、暴力を振るわれたり、暴言を吐かれたりと、直接的に傷つけられた経験がある場合にも当てはまります。

3自分のことが嫌い

人間嫌いな人の心理的な特徴3つ目は「自分のことが嫌い」ということです。
他人に対して「こういうところが嫌いだ」と思うポイントというのは、実は自分が持っている嫌な部分と一致していたりします。
つまり、人の嫌なところがよく目につく人は、自分の中に嫌いなところがたくさんあるということなのです。

人間嫌いになってしまう原因とは?

次に、人間嫌いになってしまう原因について考えてみましょう。
きっかけは人それぞれかもしれませんが、本質的には下記の3つに分けられるはずです。

・心根がやさしく、誠実だから
・他人と自分を比較するクセがあるから
・自分を愛せていないから

では、それぞれ詳しく解説していきましょう。

1心根がやさしく、誠実だから

人間嫌いになってしまう原因、1つ目は「心根がやさしく、誠実だから」です。
人間嫌いというと冷たい印象を持つ人もいるかもしれませんが、そうではありません。
本来はやさしく、誠実な心の持ち主だからこそ、周囲の期待に応えたいと無理をしてしまったり、気を遣いすぎて消耗してしまったりするのです。
その結果、疲れ果てて人間嫌いになってしまうのだと言えるでしょう。

2他人と自分を比較するクセがあるから

人間嫌いになってしまう原因、2つ目は「他人と自分を比較するクセがあるから」です。
このタイプの人は、他人と比べては自分のダメなところを悔やんで落ち込んだり、嫉妬心を抱いたりしてしまいます。
そのような負のスパイラルに陥ると、やがて疲れ果て人間嫌いになってしまうのです。

3自分を愛せていないから

人間嫌いになってしまう原因、3つ目は「自分を愛せていないから」です。
なぜかというと、いま目の前にある現実には、自分の内面が反映されているから。
これを心理学では「投影」と言い、スピリチュアル的には「鏡の法則」と言ったりします。
どういうことかというと、たとえば自分を愛せていない人は、人と会うたびに悪い面ばかりが見えてしまいますが、逆に自分を愛せている人は、人と会うたびに良い面ばかりが目に入ってくるということです。
この場合、外的な要因がいくら変わろうとも、自分が変わらない限りはずっと同じような思いをすることになるでしょう。

人間嫌いを克服する方法

人間嫌いを克服する方法は、「徹底的に自分と向き合う」ということです。
これまで、意識の矢印が自分の外側に向いていたかもしれませんが、その矢印の方向を自分に向けてみましょう。
そして、まずは冷静に自分のダメなところや嫌いなところをノートにすべて書き出してみてください。
すると、他人に対して「嫌だな」と思っていたことが、意外にも自分の中にたくさん存在していることに気づけるでしょう。
次に、自分の良いところはどんなところなのか、客観的に考えてノートに書き出してみてください。
今まで気づくことのできなかった自分の良さが見えてくるはずです。
あなたにはあなたの良さがあって、それは他の誰かと比べられるものではありません。
ありのままの自分を受け止めることで、徐々に人間嫌いを克服することができるようになるでしょう。

まとめ

今回は、「スピリチュアル的に人間嫌いとはどういう状態なのか」や、「人間嫌いになる原因」、そして「人間嫌いの克服方法」まで詳しくご紹介しました。
最後に改めてまとめてみましょう。

スピリチュアル的に人間嫌いとは?

魂のレベルが低い状態

人間嫌いになってしまう原因

・心根がやさしく、誠実だから
・他人と自分を比較するクセがあるから
・自分を愛せていないから

人間嫌いを克服する方法

徹底的に自分と向き合う

人間嫌いな人には、実は心根がやさしく、誠実な人が多いものです。
だからこそ、今の状況が続いてしまうのはもったいないことではないでしょうか。
自分自身と徹底的に向き合って、克服を目指してみるのがオススメです。