嫌われ恐怖症の心理とは?原因や克服する方法もご紹介!

嫌われ恐怖症の心理とは?

『嫌われ恐怖症』は、名前の通り「人に嫌われたくない」という気持ちを強く持ち、嫌われることに恐怖を抱いていることを言います。
しかし、嫌われたくないという気持ちが誰でも持っていますし、好んで嫌われたいと思う人はいないでしょう。
嫌われ恐怖症の人と、一般的に嫌われたくないと思っている人は、何が違うのでしょうか。
嫌われ恐怖症の人は、単に嫌われることを恐れているだけでなく、そのことが日常に影響を及ぼし、困った状況になっているのです。
誰も笑っていないのに「自分はみんなに笑われている」という気がしてしまったり、「自分はダメ人間だ」と思い込んでしまうようなことがあります。
中には精神疾患を患うこともありますので、事態は深刻です。

嫌われ恐怖症の人は・・。
・嫌われるかもしれない・・と思っている
・自信がない
・とにかく人に嫌われるのが怖い
・周りにどう見られているかが気になる
・嫌いな人からも嫌われたくない
・どうせ自分は・・と思っている
・言い訳が多い
・いい人だと言われることが多い
・嫌われるのが怖くて自分を出せない
・人の顔色を見て機嫌を取ってしまう
・人と会うと疲れる
・自分の意見を言えない
・人に相談できない
・悪口を言われている気がする
・自己嫌悪に陥りやすい
・人からの頼み事や誘いを断れない

上記のような心理が働き、人と関わることが非常に困難になります。
重症化してくると、人と会うことが怖くなり、だんだん家から出ることさえもできなくなってしまいます。
さらには身内や親しい人にさえも嫌われているような気がして、誰にも本音で話をすることができなくなってしまう場合もあります。
気に病んで、夜も眠れなくなったり、食欲が低下するなど、心身の調子を崩してしまうこともありますので、酷くなる前に専門家に相談することをおすすめします。

原因は過去のトラウマか?

嫌われ恐怖症の原因として考えられる要素は、1つや2つではありません。

「皆に好かれたい」
「皆に好かれなければいけない」
「皆に好かれることがいいこと」
「皆に好かれることが正解」
と思っていることで、嫌われるのが怖くなってしまう。

「人に嫌われることは悪いこと」
「人に嫌われることは恥ずかしいこと」
「人に嫌われたら孤独になってしまう」
と思い込み、嫌われることが怖くなってしまう。

このように、強い思い込みが原因で嫌われ恐怖症になってしまうことは多いようです。
この思い込みは、幼少期に親や先生、友達などの周りの人たちの言動によって刷り込まれたものだと考えられます。

また、過去に孤独感を感じた経験があり、孤独を恐れるあまり、嫌われることが怖いと感じることもあります。
主に、幼少期の親の接し方や兄弟間のバランス、先生の対応などが影響していることが考えられますが、中には少し大きくなってから学校や職場などでイジメに遭ったことがトラウマとなっていることもあります。
常に誰かと一緒にいたいと思うあまり、人に依存してしまうところがあります。
人を信じることができない以前に、自分を信じることができないことが大きな原因だと言えるのではないでしょうか。

気付きが成長の第一歩

もしも「自分は嫌われ恐怖症かもしれない・・」と思ったら、その気づきは大きな成長の第一歩です。
また、ここまで読んで当てはまることが多くある場合は、嫌われ恐怖症かもしれません。
しかしそのことを残念に思う必要はありません。
いま気付けたことをラッキーだと思いましょう。

今まで、どんなにか辛い日々を過ごしてきたことでしょう。
一人で悩みを抱えて、誰にも理解してもらえない思いを胸にしまい込んでいたのではないでしょうか。
でも、いま気付くことができたのなら、或いは気付くことができてここを訪れたのであれば、もう既に大きな一歩を踏み出すことができたということです。
あとは克服するのみ。
大丈夫です。
きっと克服することができますよ。

嫌われ恐怖症を克服する方法

それでは、嫌われ恐怖症を克服する方法についてお話ししていきます。

①どうして嫌われるのが怖くなったのか、原因を考えてみる。
②自分の良いところも悪いところもそのまま受け止めて、自分を認める。
③人はそれほど自分に興味がないことを知る。
④1人2人に嫌われても、自分を好きでいてくれる人がいればいい、と考える。
⑤例え誰かに嫌われても、それほど困ることはない。
⑥自分を嫌う人とは元々縁がない。
⑦誰でも嫌われることはある。
⑧自分の意見を言って反論されても問題はない。
⑨自分を信じて、友だちを信じる。
⑩相手と自分はそれほど違わない。

①~⑩までを自分に当てはめてみてください。
それほど深く考える必要はありませんよ。

世界には75億人以上の人が存在します。
そして日本には1億2千万人以上の人がいます。
その中の数人が自分のことを分かってくれていれば、人生を楽しく生きることは可能です。
みんなに嫌われないように、みんなに好かれるように、そんなことで自分を縛って不自由な思いをするのはもったいないですよ。
どうしても克服が難しいという方は、一度知らない土地に旅行をしてみると良いでしょう。
驚くほど旅先の人は親切にしてくれます。
あなたはあなたのままで大丈夫です。
嫌ってくる人に関心を持つ必要はないのですから。