スピリチュアルな観点で愛とは何か?人生の意味は?

「結局、愛ってなんなんだろう?スピリチュアル的な観点で詳しく知りたい」というあなたへ。
「愛」と一口に言っても、さまざまな捉え方があって難しいですよね。
そこで今回は、スピリチュアルな観点に絞って「愛とは何か?」について詳しくご紹介します。
難しく考えるよりも、心で感じ取れる部分があると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

スピリチュアルな観点で愛とは「すべてのエネルギーの根源」

スピリチュアルな観点で、愛とは「すべてのエネルギーの根源」です。エネルギーとは、この世に存在する全てのモノやコトを指します。
目に見えるもの、目に見えないものも含め、愛はあらゆるところに溢れています。
スピリチュアルな世界での愛の捉え方は、私たちが普段認識している「愛」よりも、もっと壮大な意味合いがあるのです。

愛は万物の命の根源であり、また、命が各々の魂を成長させて向かうべきところでもあります。
人間や動物、植物など、この世に存在するすべての命、その1つ1つが、大いなる魂のふるさとからやってきた1粒1粒の粒子。この1粒1粒の粒子は、魂を成長させ今世での使命を果たすと、また大いなる魂のふるさとへ帰っていきます。
つまり、すべての命、すべてのエネルギーの根源であり、すべての魂のふるさとが「愛」という捉え方ができるのです。
それぞれの魂は、今世での使命(どのように魂を成長させるかというプログラム)をあらかじめ決めてから生まれてきます。
そのため今のあなたは、あなた自身が生まれてくる前に決めたプログラムに沿って使命を果たすべく、いろいろな経験を積んでいるのです。
この世にはさまざまな人や動物、植物、そして目には見えないものが存在しますが、そのすべては愛に向かって成長をしつづけています。

スピリチュアルな観点で人生の意味は「愛を学ぶこと」

スピリチュアルな観点では、人生の意味は「愛を学ぶこと」にあります。
そして同