ロミオとジュリエット効果とは?恋愛だけじゃない心理現象を解説!

ロミオとジュリエット効果とは?

「ああ、ロミオ様、ロミオ様! なぜあなたはロミオ様でいらっしゃいますの?」というセリフはあまりに有名ですね。
『ロミオとジュリエット』はシェイクスピアの戯曲の一つで、非常に長きに渡って多くの人々に愛されてきた物語です。
あらすじは、仇同士の娘と息子の悲しい恋愛物語とでも言いましょうか、周りの反対の中、最後は死を以て結ばれるという悲恋の物語です。

この名前をいただいて『ロミオとジュリエット効果』という心理現象があります。
大体想像はつくと思いますが、『障害があった方が、障害を乗り越えるために気持ちが高まり、思いが強くなる』という心理現象のことです。
命名したのは心理学者のドリスコール氏で、実際に心理現象として心理学でも使われている名前です。

障害があるほど燃え上がる恋愛

現代においては、ロミオとジュリエットほとの障害は一般的ではありませんが、とは言えやはり障害のある恋愛はあるものです。
身内の反対や宗教の違い、年齢差や収入格差など、障害の種類は様々です。
恋愛とは言えないかもしれませんが、不倫関係に関しても同様のことが言えるでしょう。
障害があればあるほど恋愛感情は高まり、実際に持っている感情以上の熱量を発すると言われています。

人は、「この扉を絶対に開けてはいけないよ」と言われると、それほど興味がなかったはずなのに見たくなるものです。
タブーはより人間の意識を集中させる作用があるため、強く興味をそそられて、タブーを犯したくなってしまうのです。
これを別名カリギュラ効果とも言います。

「あの人とは付き合ってはいけません」と親に禁止されたり、なかなか会うことができない遠距離恋愛になってしまったり、立場上人に知られるわけにはいかない関係や、年齢差や収入格差が気になる関係など、『障害』となるようなことが二人の間にある場合は、その障害によって気持ちを高ぶらせる効果があると言われています。
反対されるほどに「絶対に結ばれたい!」と強く思いますし、会えないとなると会いたくなるものなのです。
近年、非常に増え