木霊(こだま)の意味とは?樹木に宿る精霊って?木霊の姿は?

木霊の意味とは?

木霊とは樹木に宿る精霊、木の精のことです。
或いは、樹木に精霊が宿っていると考えている樹木崇拝でもあります。
木を傷つければ痛みがあり、樹を切倒すことで死ぬと言われています。
また、供物を捧げることで人々に恩恵が与えられ、さらに無視することで災害をもたらすという考えの下に木霊の存在が肯定されたのです。
ギリシア・ローマ時代の古い神話でも語られ、『ホメロスの詩』のアフロディテへの讃頌は、木霊に対する詩だとされています。
日本では、人の声が反響することを『木霊』と呼び、精霊や木の精・山の精が応えていると考えられています。
「ヤッホー!」と叫べば「ヤッホー!」と反響しますが、山彦とも呼ばれているこの現象は「木霊の呼応」だと言われています。
昔から木には不思議な力があると言われています。

木霊は樹木に宿る精霊

木霊は木の神として昔から書物に登場しています。
日本の古事記には『木の神』が登場しますが、『木の神=木霊』だと言われています。
平安時代には木霊を妖怪として見なしており、精霊とは程遠い存在でした。

では、木霊は樹木の魂なのでしょうか。
人間は肉体に魂を宿して構成されています。
魂は異次元のものですが、同様に木も肉体と魂で構成されていると言われています。
ただし、木霊はどんな木にでも宿るというわけではありません。
神木、古木、巨木など、木霊が宿る木は特別なものであり、それらの木を人間は崇拝してきたのです。
それだけ人間にも木霊にも特別な存在であったということでしょう。
そして木霊は、木霊が宿る木が朽ちても消えることはなく、また新たな木に宿ると言われています。

木霊は木の魂なのか?

ジブリ映画の『もののけ姫』を観た方は、劇中に登場する木霊を思い出してください。
非常に多くの木霊が登場しますね。
首を傾げてカラカラと音を鳴らす姿は、「可愛い」とも「不気味だ」とも言われていました。
劇中では“木霊は木の魂”ということではなく、“木が木霊の母である”とされていましたが、実際はどうなのでしょうか。
劇中ではアシタカが木霊のことを「好きにさせておけば悪さはしない。森が豊かなしるしだ」と言っています。
このことからも木霊が木の精霊だということが印象付けられますね。
そして大木に木霊が集まっているシーンでは、やはりアシ