木霊(こだま)の意味とは?樹木に宿る精霊って?木霊の姿は?

木霊の意味とは?

木霊とは樹木に宿る精霊、木の精のことです。
或いは、樹木に精霊が宿っていると考えている樹木崇拝でもあります。
木を傷つければ痛みがあり、樹を切倒すことで死ぬと言われています。
また、供物を捧げることで人々に恩恵が与えられ、さらに無視することで災害をもたらすという考えの下に木霊の存在が肯定されたのです。
ギリシア・ローマ時代の古い神話でも語られ、『ホメロスの詩』のアフロディテへの讃頌は、木霊に対する詩だとされています。
日本では、人の声が反響することを『木霊』と呼び、精霊や木の精・山の精が応えていると考えられています。
「ヤッホー!」と叫べば「ヤッホー!」と反響しますが、山彦とも呼ばれているこの現象は「木霊の呼応」だと言われています。
昔から木には不思議な力があると言われています。

木霊は樹木に宿る精霊

木霊は木の神として昔から書物に登場しています。
日本の古事記には『木の神』が登場しますが、『木の神=木霊』だと言われています。
平安時代には木霊を妖怪として見なしており、精霊とは程遠い存在でした。

では、木霊は樹木の魂なのでしょうか。
人間は肉体に魂を宿して構成されています。
魂は異次元のものですが、同様に木も肉体と魂で構成されていると言われています。
ただし、木霊はどんな木にでも宿るというわけではありません。
神木、古木、巨木など、木霊が宿る木は特別なものであり、それらの木を人間は崇拝してきたのです。
それだけ人間にも木霊にも特別な存在であったということでしょう。
そして木霊は、木霊が宿る木が朽ちても消えることはなく、また新たな木に宿ると言われています。

木霊は木の魂なのか?

ジブリ映画の『もののけ姫』を観た方は、劇中に登場する木霊を思い出してください。
非常に多くの木霊が登場しますね。
首を傾げてカラカラと音を鳴らす姿は、「可愛い」とも「不気味だ」とも言われていました。
劇中では“木霊は木の魂”ということではなく、“木が木霊の母である”とされていましたが、実際はどうなのでしょうか。
劇中ではアシタカが木霊のことを「好きにさせておけば悪さはしない。森が豊かなしるしだ」と言っています。
このことからも木霊が木の精霊だということが印象付けられますね。
そして大木に木霊が集まっているシーンでは、やはりアシタカが「これがお前たちの母親か。立派な樹だ。」と声を掛けます。
『もののけ姫』の劇中では、木霊は木の精霊であり、木の子どもであるとされていました。

木霊の姿

木霊は霊的な存在ですから、肉眼で見ることはできません。
オーブなどと同様に、写真に偶然写り込んでいたということはあるようです。
屋久島で撮影された木霊の写真がネット上を騒がせたことがありましたが、その姿は『もののけ姫』の木霊のように白く丸い形状に丸い目が2つ、口がポッカリと開いたような姿でした。
その写真は2006年に世間に広がり、『屋久島の木霊』として有名になりましたね。
決して怖い雰囲気はなく、非常に幻想的で可愛らしい雰囲気です。
何枚か“木霊の写真”と言われる写真がネットで拡散されましたが、いずれも白く丸い形状が光を放ち、目や口があるという共通点があります。

ただし、木霊は必ずしも白く丸い形状の“木霊そのもの”の姿で現れるとは限りません。
人々の前に現れるときには、様々な姿となって現れると言われています。
例えば“光”です。
これには頷けますね。
また、火や獣になって現れることもあるそうです。
驚いたことに、人の姿をして現れることもあるとあると言います。

一説には、木霊の写真はただの自然現象であるとも言われています。
写真に写った木霊は“光化学的現象”で、その正体は雨粒などの水滴に光が反射しただけだという説です。
事実、屋久島は降水量が非常に多く、その量は東京のおよそ3倍だとも言われています。
さらに撮影時は雨天、或いは雨上がりだったということですので、自然現象であるという説も否定し難いところがあります。

木霊は森の精霊

上記のような木霊の目撃情報は「屋久島で見た」というものが多いのですが、屋久島に行けば必ず木霊を見ることができるというわけではありません。
しかし木霊を見たいという方には、現在のところ屋久島が最も高確率で見られる場所だと言えるでしょう。

また沖縄のキジムンも木の精であると言われておりますので、やはり自然が破壊されずに残っているところには木霊が存在するのかもしれませんね。
樹木に宿ると言われている木霊ですが、森の精霊とも言われています。
それはやはり多くの樹木の中で、そのままの自然が存在しなければ、木霊は宿ることはないということなのかもしれません。
もしかしたらかつてもっと自然がどこかしこに存在したころには、もっと当たり前のように木霊が現れていたかもしれませんね。

もしも山や森へ行く機会があったら、決して樹木を無下にしてはいけません。
たくさんの木に声をかけ、挨拶をして、木霊の存在に触れてみましょう。