スピリチュアルにおける水のパワーとは?水が持つエネルギーについて解説!

水の浄化作用

人が生きていくことに、水は欠かせないものの一つに挙げられます。
水にはそれだけではない、不思議な力があります。

『水』と一言に言っても、海や川の水、湧き水、地下水、雨水など、様々な種類があり、いずれも自然界の産物です。
神社の敷地内に沸く水は、『御神水』と呼ばれるスピリチュアルなパワーが込められています。
『御神水』には場所によって異なる効能や効果があり、スピリチュアルなパワーで病気を治したり、心身の健康を守ると言われています。
また、水の浄化作用は、『御神水』などの特別な水だけでなく『水』そのものに期待できる作用です。
体内の毒素や負のエネルギーを体外に出すためには、日常的に水を多く飲むと良いでしょう。
ですから喉が渇いているわけでもないのに水が飲みたいと感じるときは、体や心が浄化作用を求めているということです。
スピリチュアルワークとしても手軽で簡単に行うことができる『水を飲む』という行動ですが、その作用は確実なものだと言われています。
自分にとって良い方向を調べ、その方向にある御神水や湧き水を飲むことで、エネルギーの浄化と運気上昇が期待できます。

水が持つエネルギー

この世のものにはすべて波動がありますので、もちろん水にも波動はあります。
水が持つエネルギーには、様々な効果があることをご存知でしょうか。

人は自分で意識していないところで、簡単に霊に憑依されることがあります。
それほど重いものでなければ、自覚症状としては“怠い”や“眠い”などで、「何をやっても上手くいかない」というときは憑依されている可能性があります。
軽い憑依であれば、水のエネルギーで取り除くことが可能です。
強めの水圧でシャワーを肩に当て、数分間かけ続けてください。
これだけで軽い憑依であれば、取り除くことができるでしょう。
また、海に20分ほど浸かることができれば、憑依には非常に効果的です。
風呂に一掴みの粗塩を入れて浸かるのも良いでしょう。

<