泣いて起きる時のスピリチュアルな意味とは?目覚めが悪い場合と良い場合の違いは?

「目が覚めたら泣いていた」という経験がある人も多いのではないでしょうか?
スピリチュアルな観点で、泣いて起きる時の意味は、起きた時の感覚によっても変わってきます。

この記事では、泣いて起きた時に「目覚めが悪く暗い気持ちになっている場合」「目覚めが爽やかでスッキリしている感覚がある場合」に分けて、スピリチュアルな意味をご紹介します。
ぜひ「目覚めた時にどう感じたか」を振り返りながらお読みください。

泣いて起きる時のスピリチュアルな意味【目覚めが悪く暗い気持ちの場合】

泣いて起きた時に目覚めが悪く、どんより暗い気持ちになっている場合は、スピリチュアル的にあまり良い意味ではありません。
具体的には、下記の3つのような意味があります。

・大きなストレスを抱えているサイン
・大切なものを失うかもしれないという警告
・目指している方向とズレているというメッセージ

では、それぞれ詳しくご説明します。

1:大きなストレスを抱えているサイン

泣いて起きた時に暗い気持ちになっている場合のスピリチュアルな意味、1つ目は「大きなストレスを抱えているサイン」です。

あなた自身も気づかないうちに、わだかまりや心配事など、重いストレスを抱え込んでしまっているのかもしれません。
夢の中では潜在意識が働くため、起きている時には気づけないようなことにも気づく場合があります。

つまり、心の奥底にしまい込んで自分自身でも気づくことができなくなっていた大きなストレスが、夢の中で掘り起こされ、涙としてあふれ出したということです。

2:大切なものを失うかもしれないという警告

泣いて起きた時に暗い気持ちになっている場合のスピリチュアルな意味、2つ目は「大切なものを失うかもしれないという警告」です。

近いうちに、愛する人との別れが訪れたり、大切にしていた物を失くしてしまったりする可能性があります。
特に、目が覚めた時に声を押し殺して泣いていて、胸が苦しいような感じがする時は要注意。

その場合は、なるべく現実世界で自分が楽しいと思えることに取り組みましょう。

3:目指している方向とズレているというメッセージ

泣いて起きた時に暗い気持ちになっている場合のスピリチュアルな意味、3つ目は「あなたの魂が目指している方向とズレてきている」というメッセージです。

本来、夢では高次元の自分とつながっています。高次元の自分は、あなたに落ち込んでほしくてネガティブな夢を見せているのではありません。
あなたが間違った方向に進まないようスピリチュアルメッセージを示しているのです。

つまり、「目指している方向はそっちじゃないよ」と教えてくれているということ。
だからこそ、泣いてしまうほど暗い気持ちになる夢を見た時には、今の自分を見つめなおしてみることをおすすめします。

泣いて起きる時のスピリチュアルな意味【目覚めがスッキリしている場合】

泣いて起きたとしても、目覚めが爽やかでスッキリしている感覚がある場合は、スピリチュアル的にも良い意味があります。
具体的には、下記の3つのような意味合いです。

・夢の中で泣くのは魂の浄化
・大きな幸運が舞い込むというメッセージ
・ドラマチックな出会いが訪れる予兆

では、それぞれ詳しくご説明します。

1:夢の中で泣くのは魂の浄化

泣いて起きた時にスッキリしている感覚がある場合のスピリチュアルな意味、1つ目は「夢の中で泣いて魂の浄化をした」ということが挙げられます。

泣いている夢は、心の中にあったネガティブな感情を手放し、魂や心身を浄化させる吉夢です。
また、抱えていた問題が解消される暗示でもあります。

ストレスが溜まっていた人は、夢の中で泣くことで発散できるため、起きた時にとてもスッキリとした爽快感を味わうことができるのです。

2:大きな幸運が舞い込むというメッセージ

泣いて起きた時にスッキリしている感覚がある場合のスピリチュアルな意味、2つ目は「大きな幸運が舞い込む」というメッセージです。

近いうちに、とても感動的なことが起こるかもしれません。
たとえば、長年願っていたことが叶ったり、新しい家族が増えたり、家族や恋人など身近な人との絆がより一層深まったりと、涙が出るほど嬉しい出来事が起こるでしょう。

周りの人に感謝の気持ちを持つことで、あなたの幸運がさらに加速するはずです。

3:ドラマチックな出会いが訪れる予兆

泣いて起きた時にスッキリしている感覚がある場合のスピリチュアルな意味、3つ目は「ドラマチックな出会いが訪れる予兆」ということが挙げられます。

夢の中で泣いている時、誰かに抱きしめられていませんでしたか?
もしそうなら、抱きしめてくれたその相手と近々ドラマチックな出会い方をする可能性があります。

現実世界では初めて会ったはずでも、どことなく懐かしいような不思議な感覚を味わうはずです。

まとめ

今回は、泣いて起きる時のスピリチュアルな意味についてご紹介しました。最後に改めてまとめます。

泣いて起きる時のスピリチュアルな意味【目覚めが悪く暗い気持ちの場合】

1. 大きなストレスを抱えているサイン
2. 大切なものを失うかもしれないという警告
3. 目指している方向とズレているというメッセージ

泣いて起きる時のスピリチュアルな意味【目覚めがスッキリしている場合】

1. 夢の中で泣くのは魂の浄化
2. 大きな幸運が舞い込むというメッセージ
3. ドラマチックな出会いが訪れる予兆

「泣いて起きた」という事実だけでなく、起きた瞬間の自分の気持ちや感覚がスピリチュアルメッセージを読み解くカギとなります。

ぜひ「目覚めた時にどんな気持だったのか」を振り返り、高次元からのメッセージを受け取るきっかけにしてください。