スピリチュアル的に見た不妊の意味とは?不妊治療についても解説!

スピリチュアル的な不妊の意味

現在、妊娠を望みながら妊娠に至らず、妊活をしている人の中には、不安と悲しさで辛い日々を送っている人もいるでしょう。
周囲が1人目2人目と妊娠が続く中、「子どもはまだ?」などと無神経なことを言う人もいます。
中には、もっと心無い言葉を平気で投げ掛ける人もいるでしょう。
そんな言葉を聞くたび、「なぜ自分がこんな思いをしなければいけないの」と、誰にも理解してもらえない辛さに、孤独を感じる人もいるのではないでしょうか。

スピリチュアルでは『赤ちゃんは親を選んで生まれてくる』としていますので、妊娠しないことに対して「私は選んでもらえないの?」と悲しい気持ちになったり、責任を感じる方もいるようです。
しかしスピリチュアルでは、妊娠しないということにも意味があります。
妊娠しない人生は、決して否定的に捉える必要のないことなのです。

別の使命がある

女性の全てが『子どもを生んで育てる』ということが使命なわけではありません。
魂は何度も生まれ変わり、今世に生まれるときに人生設計が作られます。
過去世で達成できなかった課題を持ち越したり、魂の成長や浄化のために必要な試練があります。
例えば、社会貢献や国を動かす立場、動物を保護することに関わったり、文化を守ることが使命として与えられることもあります。