シャーマンとは?シャーマニズムと現代のシャーマンについて解説!

シャーマンとは?

『シャーマン』は、スピリチュアル的な存在と繋がることができる存在です。
日本では、霊媒師や祈祷師、巫女、呪術師、イタコなどの存在がそうですね。

シャーマンは、人類の誕生とともに存在した職業で、スピリチュアル的な存在と繋がったり、他者を癒すことができます。
動物や自然霊からエネルギーを受けて用いたり、薬としてハーブを使用することもあります。
ヒーラーとも似ていますが、シャーマンはエネルギーや光や色を使うことはなく、自然のエネルギーで治療を行います。
シャーマンは霊媒としての役割も持っており、神仏や自然霊と繋がることもできます。
脱魂や憑依、或いはその両方を行いますが、その方法は神から授かると言われています。
文献はなく、コミュニティの中に受け継がれていくものだということです。

一度シャーマンとして生きた人は、その後も生まれ変わってもシャーマンを目指すことが多いようです。
また、シャーマンにならなくても、自分の知識を生かして人々を救うことに尽力する運命にあると言われます。
シャーマンは、自分がシャーマンであることに気付いていないこともあります。
もしかしたらあなたもシャーマンかもしれませんよ。

シャーマニズムとは?

では、『シャーマニズム』とは、何でしょうか。
シャーマニズムは、特別な能力があるシャーマンによってできている原始宗教の一つです。
神や魂などスピリチュアル的な存在と繋がり、コミュニケーションを取ることができる能力があるシャーマンは、様々な形でメッセージを受け取って伝え、祭祀を執り行う役割も担っています。
宗教学者エリアーデは、シャーマンを二つに分け、『霊媒型・憑霊型』と『脱魂型』と表しています。
シャーマニズムは世界中で各地に存在しており、それぞれの環境で独自の発展を遂げ、根付いています。
一見、まったく異なる物のように見えますが、いくつもの共通点があると言われています。

つまり、シャーマニズムはシャーマンの能力があることを前提にした宗教のことで、「シャーマンの存在のお陰で神と繋がることができる」という考え方を持つ宗教です。
日本のシャーマニズムの歴史は非常に古く、現在も神道や仏教が広く普及しています。
日本のシャーマンでは邪馬台国の卑弥呼が有