呪詛とは?その意味と呪詛返しの効果や方法についても解説!

呪詛の意味とは?

『呪詛』という言葉を知っていますか?
読み方は“じゅそ”です。
かつては“しゅそ”や“ずそ”と読まれていたこともあったようです。
『呪詛』は、「恨んでいる相手に対して災いが降りかかるように祈ること」という意味です。

人は誰かを嫌ったり、憎んだり、殺したいと思うことがあるでしょう。
誰でも相手に対してネガティブな感情を抱くことはあります。
それは逆に、自分が嫌われて恨まれることもあるということです。
呪詛は、対象となっている相手への恨み辛みをぶつけて、呪いをかけてもらうように祈るということです。

呪詛=呪いをかけるとどうなるのか?

一説には、呪詛を用いることで実際に相手を死に至らしめることがあると言われています。
現存している古い書物にそうした記述があり、日本でも行われていたことが分かっています。
藁人形は日本で最も有名な呪詛の方法ではないでしょうか。
正確には“丑の刻参り”といい、丑の刻(午前2時)に霊格の高い場所へ行き、藁人形を五寸釘で打ち付けるものです。
現代においても、神社の御神木などに藁人形が打ち付けられた形跡を見つけることがあるそうなので、呪いをかける人はいるということですね。
そういう意味では、恨みつらみの感情に昔も今もなく、時代は関係ないということが分かります。

では、藁人形を打ち付けられる対象となった人はどうなるのでしょうか。
藁人形の効果としては、五寸釘を打ち付けられた部位にケガをしたり病気になるなど、対象者が不調を訴えると言われています。
脚に五寸釘を打った場合は足をケガしたり骨折するなど。
心臓に打ち付けた場合は、亡くなることもあるようです。

ただし呪詛には、科学的に証明できるものは何一つありません。
例えば、誰かに対する恨み辛みで呪いをかけてもらうように祈ったり、藁人形の心臓部分を五寸釘で貫いて、仮に対象者が亡くなったとしても、「あなたが呪い殺したのですね」となることはないのです。
ケガをするケースでも、亡くなるケースでも、或いは病気になるケースでも、それが呪いのせいだと確定することはできないのです。
偶然だとも言えますし、呪いが成功したとも言えるのです。

呪詛返しとは?

『呪詛返し』という言葉があります。
読んで字の如く、呪詛を返すことを意味しています。
つまり、いま自分に掛けられている呪詛を元々の術者に返すこと。
これは修行を積んだ術士に依頼しなければ素人には難しく、熟練者でなければできません。
呪詛にしても、呪詛返しにしても、いずれも命がけで行うと言われています。

また、呪詛返しの効果は呪詛よりも強く、呪詛の何倍もの強さで相手に跳ね返ります。
そして最悪の場合は、元々の術者にも呪詛返しをした側にも影響し、どちらも死んでしまうということもあると言われています。
ただし、やはり呪詛も呪詛返しも素人には難しく、修行を受けた術士でなければ行うことはできません。
実際に以来を受ける術士はいるそうですが、きちんとした修行を積んでいる人ほど呪詛の依頼は断ると言われています。

呪詛返しの護符

もしも原因不明の体調不良が起こったり、或いは精神的に落ち着かない状況になるなどの異常を感じた場合、それは誰かに呪いをかけられている恐れがあります。
また「誰かに呪われている」と感じた場合も、それは気のせいでも思い過ごしでもありません。
誰かに呪いをかけられたことを前提に、考慮した方がいいでしょう。
呪詛の効果は時間の経過とともに強くなっていきます。
ですから「呪いをかけられたかもしれない」と思ったら、早急に対応する必要があります。

呪詛返しの方法として、修行を重ねた術士に依頼する方法があることを上記でお話ししましたが、実は最もおすすめの方法は護符をもらってくることです。
呪詛返しの護符にはいくつかの種類があり、その効果は絶大だと言われています。

北極紫微大帝六十四化星秘符

道教の神、神に由来する由緒ある呪詛返しの護符です。
生霊でも死霊でも対応できます。

天星三十六秘符

日月星諸宿曜の守護と恵みを受けると言われ、呪いを返すのではなく呪いを説く護符です。

このように呪詛返しの護符は実際に存在していますが、ほかにも生霊・悪霊などの悪い念や邪気を祓い、消滅させる護符や、運の流れを反転させることで呪詛から逃れさせる護符などがあります。
現代にもこうした護符が存在するということは、呪詛を行う人がいるということかもしれませんね。

呪詛返しの呪文

呪詛返しのための呪文がいくつか存在しています。
インターネットなどで「呪詛返し 呪文」などと検索をすれば、すぐに具体的な呪文を知ることができるでしょう。
その多くは、『○○~~▲▲と呪文を唱えれば良い』などと書かれています。
しかし元々信仰心のない人が簡単に呪文を唱えたところで、そんなに手軽に呪詛返しを行うことはできないと考えた方が良いでしょう。
呪文を暗記して唱えたとしても、信仰心のない人が唱える呪文は呪詛に何ら影響を与えることはできません。
命がけだとも言われている呪詛や呪詛返しは、修行を積んだ術士に依頼しなければ行うことはできないのです。

ただし元々信仰心のある人であれば、効果を期待することはできるでしょう。
日頃から信仰心があり、日々神様を近くに感じることができている人であれば、呪文の効果もあるかもしれませんね。