呪詛とは?その意味と呪詛返しの効果や方法についても解説!

呪詛の意味とは?

『呪詛』という言葉を知っていますか?
読み方は“じゅそ”です。
かつては“しゅそ”や“ずそ”と読まれていたこともあったようです。
『呪詛』は、「恨んでいる相手に対して災いが降りかかるように祈ること」という意味です。

人は誰かを嫌ったり、憎んだり、殺したいと思うことがあるでしょう。
誰でも相手に対してネガティブな感情を抱くことはあります。
それは逆に、自分が嫌われて恨まれることもあるということです。
呪詛は、対象となっている相手への恨み辛みをぶつけて、呪いをかけてもらうように祈るということです。

呪詛=呪いをかけるとどうなるのか?

一説には、呪詛を用いることで実際に相手を死に至らしめることがあると言われています。
現存している古い書物にそうした記述があり、日本でも行われていたことが分かっています。
藁人形は日本で最も有名な呪詛の方法ではないでしょうか。
正確には“丑の刻参り”といい、丑の刻(午前2時)に霊格の高い場所へ行き、藁人形を五寸釘で打ち付けるものです。
現代においても、神社の御神木などに藁人形が打ち付けられた形跡を見つけることがあるそうなので、呪いをかける人はいるということですね。
そういう意味では、恨みつらみの感情に昔も今もなく、時代は関係ないということが分かります。

では、藁人形を打ち付けられる対象となった人はどうなるのでしょうか。
藁人形の効果としては、五寸釘を打ち付けられた部位にケガをしたり病気になるなど、対象者が不調を訴えると言われています。
脚に五寸釘を打った場合は足をケガしたり骨折するなど。
心臓に打ち付けた場合は、亡くなることもあるようです。

ただし呪詛には、科学的に証明できるものは何一つありません。
例えば、誰かに対する恨み辛みで呪いをかけてもらうように祈ったり、藁人形の心臓部分を五寸釘で貫いて、仮に対象者が亡くなったとしても、「あなたが呪い殺したのですね」となることはないのです。
ケガをするケースでも、亡くなるケースでも、或いは病気になるケースでも、