六芒星の意味と神秘的な効果とは?不思議なスピリチュアルパワーを解説!

六芒星が意味するものとは?

六芒星は、2つの三角形を組み合わせて作った星型のことです。
日本では、六芒星は天地や陰陽を表しているとされており、昔から陰陽道との深い関わりのあると言われています。
実際に陰陽師は六芒星を使用しています。
スピリチュアル的な側面においても、六芒星は護符として身に着けることが多く、魔から守るお守りのような役目があると捉えられています。

ユダヤ人とダビデの星

ユダヤ人の国・イスラエルでは、17世紀以降、ユダヤ人を表すものとして六芒星が使われてきました。
イスラエルの国旗には六芒星が描かれていますし、ユダヤ教のマークとして知られています。
しかし実際には、六芒星に対してユダヤ教が何か神聖なものとして扱っているという事実はありません。
ユダヤ教では六芒星を『ダビデの星』と呼び、重要な意味を持つわけではなく、単に象徴として用いているようです。
ただし、ユダヤ人を表すダビデの星が使われ始めたのは17世紀以降となっていますが、六芒星の発祥の時期は不明となっています。

また、国旗に六芒星を使用している国は他にもあります。
現在、世界6ヶ国で六芒星が描かれた国旗がありますが、やはり最も大きな六芒星が描かれているのはイスラエルの国旗です。
ほかに、モロッコ、スロベニア、赤道ギニア、ブルンジ、リーフ共和国の国旗には六芒星が使用されています。
それぞれの国において、歴史的背景などから国旗に採用されており、それぞれに意味を持っているマークだということが分かりますね。

日本における六芒星の由来

六芒星のルーツで