人生の選択に迷う時のスピリチュアルな意味とは?

「自分がやりたい仕事をやるべきか安定した職に就くべきか・・・」「彼との関係を続けるべきか別れるべきか・・・」など、人生の選択に迷っているあなたへ。

なかなか決断できずにいる時間はムダに思えるかもしれませんが、スピリチュアル的にはあなたにとって意味のないことは起こりません。

この記事では、人生の選択に迷う時のスピリチュアルな意味や具体的な対処方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

人生の選択に迷う理由とは?スピリチュアルな3つの意味

人生の選択に迷ってしまう時、スピリチュアル的には次の3つの意味があると考えられます。

・大きな変化が訪れる前兆
・自分の魂を成長させるチャンスの到来
・「自分を深く知りなさい」というメッセージ

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

意味1:大きな変化が訪れる前兆

人生の選択に迷う時は、スピリチュアル的に「大きな変化が訪れる前兆」だと言えます。
この選択が人生のターニングポイントになるということを、あなたの潜在意識が察知して警告しているのです。

迷っているあなたを、周りの人が急かしてくることもあるかもしれません。ですが、慌てて適当な選択をしてしまうのは危険です。
焦らず、自分のペースを保つようにしましょう。

意味2:自分の魂を成長させるチャンスの到来

人生の選択に迷う時は、「自分の魂が成長するチャンス」でもあります。
つまり、答えを導き出すことが課題なのではなく、人生の選択に迷うこと自体があなたの魂に必要な課題というケースがあるのです。

人は大きな決断を迫られた時、さまざまなことを考え、悩み、苦しむことがあります。
ですが、そんな困難を乗り越えることで魂が磨かれ、さらなる成長につながるのです。

意味3:「自分を深く知りなさい」というメッセージ

人生の選択に迷ってしまう現象は、「自分を深く知りなさい」というスピリチュアルメッセージの場合もあります。

いつも周りの意見に合わせて、自分で決断することから逃げていませんでしたか?それは、相手を尊重するあなたの優しい一面でもありますが、弱さでもあるかもしれません。

今まで自分としっかり向き合ってこなかった人は、ここで一旦立ち止まって、自分の内面に目を向けてみましょう。
自分を深く知ることで、あなたが今回の人生で成し遂げたかったことに近づけるはずです。

人生の選択に迷った時のスピリチュアルな3つの対処方法

人生の選択に迷ってしまった時はどうしたらいいのでしょうか。ここでは具体的な対処方法についてご紹介します。

人生の選択に迷った時のスピリチュアルな対処法は、次の3ステップです。

1. 人生の選択に迷っている自分を否定しない
2. 自分の中の「愛」を基準に考えてみる
3. 無理に答えを導き出そうとしない

では、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

方法1:人生の選択に迷っている自分を否定しない

人生の選択に迷った時、まず1番大切なのは「人生の選択に迷っている自分を否定しない」ということです。
「さっさと決断できない自分はダメだ」「いつまでも迷っている自分が情けない」など、自分を責めないようにしましょう。
迷っている自分を冷静に受け入れ、俯瞰して見るようにしてください。

方法2:自分の中の「愛」を基準に考えてみる

人生の選択に迷っている自分を冷静に受け入れることができたら、次は自分の中にある「愛」にフォーカスしてみましょう。

「損しないため」「失敗しないため」など、ネガティブな感情を基準にものごとを選択するのはおすすめできません。
負の感情はあなたの波動を下げ、波動が下がった状態で導き出した答えは、良くない結果を引き寄せてしまうからです。

だからこそ、人生の選択に迷った時は「笑顔で過ごすためには」「自分らしくあるためには」という愛の感情を基準に考えてみることをおすすめします。

方法3:無理に答えを導き出そうとしない

人生の選択に迷った時、自分の中にある「愛」を基準に考えてみても、まったく答えが見つからないこともあります。
そんな時は、無理に答えを導き出さなくても大丈夫です。

人生に迷い、悩み、さまざまなことを考えること自体に学びがあり、それがあなたの魂にとって必要な課題だったのでしょう。

ただし、答えが出ないことにモヤモヤして仕方がない場合は、スピリチュアルの専門家に頼ってみるのも1つの手です。
助言の中に解決の糸口が見つかるかもしれません。

まとめ

今回は、人生の選択に迷う時のスピリチュアルな意味や対処方法について、詳しくご紹介しました。最後に改めてまとめます。

人生の選択に迷う時のスピリチュアルな意味

・大きな変化が訪れる前兆
・自分の魂を成長させるチャンスの到来
・「自分を深く知りなさい」というメッセージ

人生の選択に迷った時は、まずは迷っている自分を否定しないようにしましょう。
迷っている状況を俯瞰的に見て、自分の中にある「愛」を基準にゆっくり考えてみてください。
「迷いそのもの」ではなく、「迷っている自分の心」に目を向けることが大切です。