もらい事故に遭った時のスピリチュアルな意味とは?

自分は何も悪くないのに事故に巻き込まれてしまう「もらい事故」。
人生の不条理に怒りや悲しみが込み上げてくるかもしれませんが、スピリチュアル的にはもらい事故に遭ったことにも必ず意味があるのです。

この記事では、もらい事故に遭った時の意味について詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

もらい事故に遭った時のスピリチュアルな3つの意味とは?

もらい事故に遭った時の意味として考えられるのは、主に次の3つです。

・波動が低くなっているサイン
・守護霊からのメッセージ
・魂を成長させるための試練

では、それぞれの意味について詳しく見ていきましょう。

意味1:波動が低くなっているサイン

もらい事故に遭った時の1つ目の意味は、「波動が低くなっているサイン」です。
あなた自身の波動が低迷しているため、良くない現象を引き寄せてしまっている可能性があります。

特に、諦めの気持ちを強く持っていると、事故に巻き込まれやすくなります。
自分の可能性が信じられず夢を諦めていたり、幸せに生きることを放棄していたりしませんか?

もちろん、もらい事故は加害者側に非があります。
ただ、スピリチュアル的に見ると、あなたにとって意味があるからこそ事故に巻き込まれてしまったと考えられるのです。

もしもあなたがもらい事故に遭ってしまった場合は、加害者への怒りは一旦横に置いておき、自分の心の在り方にも目を向けてみてください。
人生は自分の手で切り拓いていけるものだと、気づくべき時が来ているのかもしれません。

意味2:守護霊からのメッセージ

もらい事故に遭った時の2つ目の意味は、「守護霊からのメッセージ」です。
あなたを守っている高次元の存在が、今のあなたにとって必要な情報を事故に遭うことを通して伝えてくれている可能性があります。

人間はこの世に生まれる前に、今世で成し遂げたいことを決めてきていますが、それを顕在意識で自覚することはなかなかできません。
だからこそ、今世での目的から大きくズレ始めた時には、守護霊があなたを一旦立ち止まらせて気づきを与えることがあるのです。

また、守護霊からのメッセージに気づかないままでいると、何度も同じようなもらい事故に遭ってしまうことがあります。
「全部相手が悪い」「自分は何も悪くないのに」と、加害者を責めたくなる気持ちもわかりますが、冷静に俯瞰して見る努力をすることも必要です。

意味3:魂を成長させるための試練

もらい事故に遭った時の3つ目の意味は、「魂を成長させるための試練」です。
神様はあなたが乗り越えられない試練は与えません。
魂のレベルが上がる見込みがあるからこそ、困難が与えられているのでしょう。

もらい事故に遭い、痛みを知ることで人に対してもっと優しくなれるかもしれません。
また、自分が弱っているからこそ、人の温かさに改めて気づかされる可能性もあります。

事故に遭う前と後で、自分の価値観が大きく変化したという人も少なくありません。
そこに大きな意味があるのです。
いつか「あの時の事故があったからこそ、今の自分がある」と思える日が来ると信じて、なるべく穏やかな気持ちで過ごすことをおすすめします。

もらい事故に遭うケース番外編

ここまで、もらい事故に遭った時の意味を3つご紹介しましたが、これらに当てはまらないケースも稀にあります。
ここからは番外編として、その他のケースを見ていきましょう。

不安な気持ちや恐怖心が交通事故を引き寄せる!?

交通事故に対して過剰に不安や恐怖心を抱いていると、自らもらい事故を引き寄せてしまうことがあります。
なぜかというと、不安に思う気持ちや恐怖の感情はエネルギーが強いため、思考が現実に反映されやすいという特徴があるからです。

もちろん、事故に遭わないためには普段から危機意識を持つことがとても大切です。
ただ、心が休まる暇もないほどいつもビクビクしていると、逆に自分を危険な目に合わせてしまいかねません。

視野を広く持ち、不安や恐怖心を少しずつ手放していきましょう。

地縛霊や悪霊が交通事故を起こすケースも・・・

交通事故は、地縛霊などの悪霊によって引き起こされるケースもあります。
特定の場所で事故が頻繁に起こっている場合は、悪霊の影響である可能性が高いです。

不慮の事故で命を落としてしまった人が霊となり、その場所に浮遊し続け悪さをしているのかもしれません。
事故が多発している場所はなるべく避けるのがベストですが、どうしても通らなければいけない時は細心の注意を払いましょう。

また、以前事故を起こしたことがある車に乗ると、被害者の怨念に取り憑かれて事故に遭ってしまうケースもあります。
不安なことがある場合は専門家に相談し、お祓いをしてもらうのも1つの手です。

まとめ

今回は、もらい事故に遭った時のスピリチュアルな意味についてご紹介しました。
最後に改めてまとめます。

もらい事故に遭った時のスピリチュアルな意味

・波動が低くなっているサイン
・守護霊からのメッセージ
・魂を成長させるための試練

もらい事故に遭った時は、怒りの矛先を加害者に向けがちです。
しかし、その事故があなたに気づきを与えるために起こったものだった場合、気づきが得られるまで何度も同じようなことが起こりかねません。
少しだけ冷静な目線を持ち、自分を振り返る機会を作れると良いでしょう。