色気がある人のスピリチュアル的な3つの特徴とは?

「色気がある人になりたい」と思っている人も多いのではないでしょうか?
色気がある人は、男女問わず人を惹きつける不思議な力があり、とても魅力的ですよね。

そこでこの記事では、色気がある人のスピリチュアル的な特徴と、色気がある人になる方法をご紹介します。
色気は先天的な要素もありますが、後天的に身につけることもできるため、ぜひ参考にしてください。

色気がある=性的な魅力を感じる根源は内面にある

一般的に色気がある人とは「性的な魅力を感じる人」を指します。平たく言えば「セクシーな人」や「セックスアピールが強い人」のことです。

性的な魅力と言うと、豊満な女性の体や筋肉質な男性の体など肉体的なイメージが浮かぶ人も少なくないと思いますが、それだけではありません。
スピリチュアル的な観点では、色気の根源はむしろ内面にあると言えるのです。

色気がある人のスピリチュアル的な3つの特徴とは?

色気がある人のスピリチュアル的な特徴は、次の3つです。

・生命エネルギーが強い
・相手の気持ちを考える余裕がある
・異性に対して強い関心を持っている

項目ごとに、もう少し詳しく見ていきましょう。

特徴1:生命エネルギーが強い

色気がある人のスピリチュアル的な特徴、1つ目は「生命エネルギーが強い」ということです。
生命エネルギーとは現実世界の肉体に宿る「生命力」とも言い換えられます。

自然界でいえば、生命エネルギーが強いオスほど子孫を残す力があり、生命エネルギーが強いメスほど子供を妊娠する力や育てる力があるため、より異性に求められます。
もちろん、人間界ではそのほかの要素も複雑にかかわってきますが、基本的には子孫繁栄に必要なエネルギーが強い相手ほど、性的な魅力を感じるようになっているのです。

また、スピリチュアル的に生きる力が強い人は、仙骨のあたりにある第一チャクラが活性化されている傾向があります。
第一チャクラの色は赤。そのため、色気がある人は赤いオーラを纏っていることがほとんどです。

特徴2:相手の気持ちを考える余裕がある

色気がある人のスピリチュアル的な特徴、2つ目は「相手の気持ちを考える余裕がある」ということです。
自分を良く見せようと必死になっている人よりも、相手のことを考えられる人のほうが人間としての深みがあり、魅力的だと感じる人も多いのではないでしょうか。

自分のことばかり考えているとエネルギーは内向きになりますが、相手に注目するとそのぶん相手にエネルギーが注がれます。
エネルギーは目には見えないものの、無意識的に感じ取っているもの。
知らず知らずのうちにエネルギーを注がれた相手に惹きつけられてしまうのです。

また、色気がある人の1つ目の特徴で「生命エネルギーが強い」ということを挙げましたが、生命エネルギーが強い人は自分に自信を持ちやすい傾向があります。
自信がある人は心に余裕があり、その余裕こそが色気に繋がっていると言っても過言ではありません。

特徴3:異性に対して強い関心を持っている

色気がある人のスピリチュアル的な特徴、3つ目は「異性に対して強い関心を持っている」ということです。

2つ目の特徴で、相手に注目するとエネルギーが注がれるとお伝えしましたが、異性に対しての関心が強ければ強いほど、注がれるエネルギーも多くなります。
注がれるエネルギーが多くなれば相手を惹きつける力もより強くなるため、さらに色気が増すのです。

色気がある人になるスピリチュアル的な方法

「色気がある人になりたい」という人のために、スピリチュアル的なアドバイスをお伝えします。
具体的な方法は次の3つです。

・男性は「受け入れること」を意識する
・女性は「出すこと」を意識する
・自分に自信を持つ

では、それぞれの方法について詳しく確認していきましょう。

方法1:男性は「受け入れること」を意識する

色気がある人になるためには、男性は「受け入れること」を意識するのが大切です。

そもそも、色気は「ギャップ」で作り出すことができます。
特に男性は、自分の中にある「女性性」を出していくことがギャップを生み出すことにつながります。

スピリチュアル的な女性性とは「受け入れること」。
たとえば相手の話を聞き入れること、相手の気持ちに共感し受け入れることなどが挙げられます。

つまり「出すこと」「主張すること」で発揮される男性性を抑え、自分の中にある女性性を意識することがギャップを生み出し、男の色気につながるのです。

方法2:女性は「出すこと」を意識する

色気がある人になるためには、女性の場合は「出すこと」を意識していきましょう。

方法1でもお伝えした通り、色気は「ギャップ」で作り出されます。
つまり、女性は自分の中にある「男性性」を発揮することが色気につながるのです。

スピリチュアル的な男性性とは「出すこと」を意味します。
たとえば、好きな相手の前でだけ自分をさらけ出すこと、勇気を出して大胆になること、素肌やうなじなどを下品にならない程度に出すことなどです。

ただし、大切なのはギャップを演出すること。
普段から出してばかりでは色気を醸し出すことは難しくなります。
いつもは女性性を大切にし、ここぞというときにだけ男性性を発揮するのが大切です。

方法3:自分に自信を持つ

色気がある人になるためには「自分に自信を持つこと」も大切です。
スピリチュアル的に、自信は魅力的なオーラを作り出し、周りの人を惹きつけます。

逆に、自信がないと自分のことで精一杯になりがちです。
自分のことばかりで相手の気持ちを考える余裕がなくなると、色気は感じられづらくなってしまいます。

自分に自信を持つために背伸びをする必要はありません。
等身大のあなたを認め、自分を愛することで本当の自信が身につくのです。

まとめ

今回は色気がある人のスピリチュアル的な特徴と、色気がある人になる方法をご紹介しました。
最後に改めておさらいです。

色気がある人の特徴

・生命エネルギーが強い
・相手の気持ちを考える余裕がある
・異性に対して強い関心を持っている

色気がある人になる方法

・男性は「受け入れること」を意識する
・女性は「出すこと」を意識する
・自分に自信を持つ

ぜひこの記事を参考に色気がある人を目指して、あなたの魅力を磨いていってくださいね。