ヨガのアーサナって何?効果はあるの?瞑想や呼吸についても解説!

アーサナはヨガのポーズ

ヨガをやっている人は『アーサナ』という言葉を聞いたことがある方も多いかもしれませんね。
アーサナとは、ヨガのポーズのことです。
ヨガにもいくつかの流派がありますので、流派によって異なるアーサナがありますが、アーサナを理解することで、ヨガをさらに楽しむことができるでしょう。

元々アーサナは、瞑想の際に安定してリラックスした座り方を維持するためのものでしたが、現在はヨガのポーズのことを示しています。
と言うのも、ヨガもまた心身の調和を与えるものですので、突き詰めれば同様のことを指していると言えるでしょう。
アーサナは心も体も緊張を解き、心身に良い状態を与え、さらに維持し、心身の健康へと導きます。
そのことにより自分が描く理想の自分に近づくことができるとも言われています。

アーサナはヨガ用語で、日本語に訳すと体位や座位という言葉になります。
ヨガのポーズのことではありますが、座り方も含まれると考えてください。
ただし、アーサナは単にポーズを取れば良いというものではありません。
安定感があり、快適でリラックスしていなければ、その意味を為さなくなってしまいます。
安静の状態であり、呼吸・精神ともに良い状態にコントロールされていなければいけません。
さらには“暑い”“寒い”や“良い”“悪い”、ほかにも悩みや喜び、幸・不幸などに左右されない心で行うことが重要です。
様々あるアーサナの中でも、座位が快適に行われることは非常に重要です。
快適に座れるということは瞑想に大変重要なことであり、ヨガの最終目的である悟りに到達することに絶対的に必要だと考えられるからです。

アーサナの効果

ヨガのアーサナには、体を柔らかくしたり健康にする効果があります。
アーサナの姿勢を維持する筋力や柔軟性が必要であるため、ダイエット効果もあると言われています。
体を折り曲げたり、伸ばしたり、捻じったりと、体の歪みを整える効果も期待できますね。
同時に、内臓を活性化させる効果があることも知られています。

しかしヨガの良いポイントとして、「頑張る必要がない」という点が挙げられます。
これだけ効果を期待することができるにも関わらず、ヨガは頑張って行う必要がないのです。
鼻呼吸をゆっくりと行い、ゆったりとした腹式呼吸でリラックスして行います。
あくまでも気持ち良い姿勢を維持することが大切で、そのことによってアーサナの効果を得ることができるのです。
ただし、これ