写真写りが悪いときのスピリチュアルな5つの意味とは?

写真写りが悪いとテンションが下がってしまうもの。
人前では言えなくても、内心では「実物はもっと可愛いのに・・・」と悔しい思いをしている人もいるのではないでしょうか?

実は、写真写りが悪いのにはスピリチュアル的にエネルギーが関係している場合があります。
そこで今回は、写真写りが悪い原因や意味、対処法について、スピリチュアルな観点から詳しくまとめてみました。
写真写りに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

写真写りが悪いのには理由があった!その原因とは?

スピリチュアル的に、写真にはその人の本質的なエネルギーが写ると言われています。
たとえば、自信に満ち溢れた美しい表情で写真に写っている人は、本質的なエネルギーが高い状態にあると言えるでしょう。
逆に、実物よりも表情が暗かったり、老けて見えたりする人は、エネルギーが低い状態だと言えます。
ただし、写真を撮影した場所や、一緒に撮影した人のエネルギーの影響を受けて写真写りが悪くなる場合もあるため、必ずしも本人のエネルギーだけが問題とは限りません。

写真写りが悪いときのスピリチュアルな5つの意味

写真写りが悪いときのスピリチュアルな意味は、主に次の5つです。

・自分の体調が良くない
・自分を良く見せようとしすぎている
・写真を撮影した場所のエネルギーが低い
・一緒に写真を撮った人のエネルギーが低い
・重いエネルギーを背負っていると実物より老けて写る

では、それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

意味1:自分の体調が良くない

写真写りが悪いときは、自分の体調が万全でなく、エネルギーが低下しているサインの場合があります。
写真を撮ったとき、風邪気味だったり寝不足だったりしていませんでしたか?
まだ自覚症状がなかったとしても、実は疲れが蓄積されていたり、運動不足でエネルギーの巡りが悪くなっていたりするケースもあるので、注意が必要です。

意味2:自分を良く見せようとしすぎている

自分を良く見せようとして表情を作りすぎたりすると、逆に写真写りが悪くなることがあります。
なぜかと言うと、スピリチュアル的には自分が自然体でいるときの方がエネルギーが高くなり、人の目を気にしすぎるとエネルギーが下がってしまうことがあるからです。
そのため「最近、写真写りが悪いな・・・」と感じるときは、自分が人にどう見られているのか気にしすぎていないか、確認してみてください。

意味3:写真を撮影した場所のエネルギーが低い

写真写りが悪いときは、その写真を撮影した場所が良くないケースもあります。
悪い気が溜まりやすい場所やエネルギーの低い場所で写真を撮ると、実物よりも暗い表情や不健康な表情で写ってしまうことがあるのです。
また、エネルギーの低い場所には悪霊なども集まりやすく、その影響で疲れやすくなることもあるため、なるべく早めにその場から離れることをおすすめします。

意味4:一緒に写真を撮った人のエネルギーが低い

エネルギーが低い人と一緒に写真を撮ると、低いエネルギーに同調してしまい、自分まで写真写りが悪くなってしまうことがあります。
そのため、特定の人と撮るときだけ写真写りが悪くなるという場合は、その人のエネルギーの影響を受けている可能性を疑ってみてください。
スピリチュアル的に、エネルギーが低い人は「元気がない」「ネガティブ思考」「ストレスをため込みやすい」という特徴があるため、見分けるのは難しくないはずです。

意味5:重いエネルギーを背負っていると実物より老けて写る

ずっしりとのしかかってくるような重いエネルギーを背負っている人は、写真を撮ると実物よりも老けて写ることがあります。
重いエネルギーとは、長年のトラウマや執着心、怨念など、なかなか手放すのが難しい感情エネルギーのことです。
写真を撮ると老けて写ることに悩んでいる人は、「自分の中に癒されずに蓄積されている感情があるのでは?」と疑ってみてください。

写真写りが悪いときの5つの対処法

写真写りが悪いのを改善したいときには、次の5つの対処法を試してみるのがおすすめです。

・しっかり休んで体調を整える
・素の自分のままで十分可愛いと思うようにする
・写真を撮影する場所を変えてみる
・一緒に居て心地良い人と写真を撮る
・楽しいと思える時間を増やす

では、1つずつ詳しくチェックしていきましょう。

対処法1:しっかり休んで体調を整える

体調が良くないことが原因で写真写りが悪くなっている場合は、まずはしっかり休息を取るのがおすすめです。
睡眠時間をいつもより増やしたり、お風呂の湯船にゆったりと浸かったり、マッサージを受けたりと、たっぷり自分を癒してあげましょう。
きちんと体を休ませ、エネルギーがチャージされれば、悪かった写真写りも改善されるはずです。

対処法2:素の自分のままで十分可愛いと思うようにする

自分を良く見せようとしすぎていることが原因で写真写りが悪くなっている場合は、「自分はこのままで良い」「今のままでも十分可愛いんだ」と思うようにしましょう。
なぜなら、ありのままの自分を受け入れているときの方が本来の魂の状態に近く、エネルギーが高まりやすいからです。

なかなか素の自分を受け入れられない場合は、鏡の前で「今日も素敵だね」「お肌の調子がいいね」などと、自分を褒めてあげるのがおすすめ。
最初は恥ずかしくても、徐々に自己肯定感が高まり、ありのままの自分を受け入れられるようになっていきます。

対処法3:写真を撮影する場所を変えてみる

撮影した場所のエネルギーの影響で写真写りが悪くなっている場合は、撮影場所を変えてみるのがおすすめです。
そもそもエネルギーが低い場所には、悪霊などの良くないものが多く集まっているので、長居は避けたいところ。
「なぜかここで撮ると写真写りが悪いな・・・」と感じた場合は、速やかに他の場所に移動しましょう。

対処法4:一緒に居て心地良い人と写真を撮る

先ほど、エネルギーが低い人と一緒に写真を撮ると写真写りが悪くなるとお伝えしましたが、逆にエネルギーが高い人と写真を撮ると写真写りが良くなるケースがあります。
エネルギーが高い人は、「一緒に居て楽しい」「落ち着く」と感じることがほとんど。
だからこそ、写真写りを改善するためには、あなた自身が一緒に居て心地良いと感じる相手と共に写真を撮るのが効果的です。

対処法5:楽しいと思える時間を増やす

写真写りを良くするためには、自分のエネルギーを高い状態にキープしておくことが大切です。だからこそ、あなた自身が楽しいと思える時間を増やしましょう。
あなたが「心から楽しい」と感じているとき、魂はキラキラと輝きを増し、エネルギーが高まっていきます。

まとめ

今回は、写真写りが悪いときのスピリチュアルな意味や、対処法をご紹介しました。
写真には自分の本質的なエネルギーが写るもの。
つまり「写真写りが悪い」と感じたときは、自分のエネルギーが下がっている可能性があるということです。

エネルギーが下がると良くない出来事を引き寄せやすくなってしまいます。
だからこそ、自分の写真写りが悪いと感じたときは、休息を取ったり、楽しいと思える時間を過ごしたりして、積極的にエネルギーを高めていきましょう。