毒親を持つことのスピリチュアルな意味や理由とは?

子供にとって毒になるような悪影響を与える毒親(どくおや)
自分の親に対して「うちの親は毒親かも・・・」と思ったり「なんで私はこんなツライ目にあわなきゃいけないんだろう」と悩んだりしている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、毒親になる人の特徴や、毒親を持つことのスピリチュアルな意味について、詳しくご紹介していきます。毒親に悩まされている人は、ぜひ参考にしてみてください。

毒親になる人の特徴

毒親になる人にはいろいろなタイプがいますが、代表的な特徴としては次の3つが挙げられます。

・過干渉で支配したがる
・暴言や暴力をふるう
・育児放棄・無視する

では、それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

特徴1:過干渉で支配したがる

毒親の特徴、1つ目は「過干渉で支配したがる」ということが挙げられます。
心の中に「自分の子はこうあるべき」という強い理想を抱いているため、「あれはダメ」「これはダメ」「ああしなさい」「こうしなさい」と口うるさく言ってくるのです。

また、子供をマインドコントロールして、親が言っていることだけが正しいと思いこませて支配しているケースも。
この場合、自分の親が毒親だということに気づけないこともあるので、注意が必要です。

特徴2:暴言や暴力をふるう

毒親の特徴、2つ目は「暴言や暴力をふるう」ということが挙げられます。
たとえば「お前は本当に何をやってもダメだな」「あんたなんか産まなきゃよかった」などと子供を傷つけるようなことを平気で言ったりすることもあるでしょう。

また「本当はこんなことしたくないけど、子供のために心を鬼にしなきゃ」と、しつけの一環と称して子供に手をあげるケースや、ストレスの捌け口として暴力をふるうケースも。

特徴3:育児放棄・無視する

毒親の特徴、3つ目は「育児放棄・無視する」ということが挙げられます。
「毒親」というと、子供を支配したり、精神的・肉体的暴力をふるったりするイメージが強いかもしれませんが、子供に対して無関心すぎるというのも虐待の一種。
自分で食事をとったりできない幼い子供の場合は、親の無関心が原因で命を落としてしまうケースもあり、非常に危険だと言えるでしょう。

毒親を持つことのスピリチュアルな意味や理由とは?

毒親を持つことのスピリチュアルな意味や理由はケースバイケースですが、代表的なものとしては次の3つが挙げられます。

・家系のカルマを解消するため
・魂の鍛錬のため
・徳を積むため

では、1つずつ詳しく見ていきましょう。

意味1:家系のカルマを解消するため

スピリチュアル的な観点から見ると、家系のカルマを解消するために毒親を持つことを選んでいる可能性があります。
先祖代々続いてきた家系のカルマを断ち切り解消するためには、自分の親を反面教師として「自分はこうならない」と心に強く誓うことが大切です。
とてもツライ役回りですが、心を強く持ってカルマを断ち切ることができれば、あなたの魂は大きく成長を遂げるでしょう。

意味2:魂の鍛錬のため

スピリチュアル的には、魂を鍛錬するために自ら毒親を持つことを選んで生まれてきているケースもあります。
筋肉に負荷をかけることで筋肉を成長させていくのと同じように、魂に負荷をかけ、それを乗り越えていくことで魂をより成長させようとしているのです。
ただし、この世に生まれてくる前に自分で決めてきたことを自覚するのは難しいため、まさか自分があえて毒親を選んだとは思っていないケースがほとんどでしょう。

意味3:徳を積むため

スピリチュアル的な観点から見ると、今世で徳を積むためにあえて毒親を持つことを選んでいる場合もあります。
「徳を積む」とは、損得勘定を持たずにコツコツと善い行いをすること。
つまり、ツライ経験を通して人の痛みを知り、誰に対しても優しくできるようになることや、自分を愛してくれない親のことすら愛することなども当てはまるでしょう。
徳を積むと、幸せなことがどんどん引き寄せられるようになっていきます。

「親を選んで生まれてくる」という考えに縛られすぎないで!

スピリチュアルの世界では、よく「子供は親を選んで生まれてくる」と言われていますが、毒親に苦しめられて極限状態になっている人にとっては酷な話です。

「そんな親を選んだのは自分なんだから我慢するべき」と言われているように思えて逃げ場がなくなり、追い詰められてしまう人もいるのではないでしょうか。

だからこそ「毒親という困難を乗り越えよう」と前向きに捉えることが難しい場合は、「子供は親を選んでくる」という考えに縛られすぎないことも大切です。

自分の限界が来てしまう前に毒親とは距離を置き、連絡も一切取らないようにするのも1つの手。
あなたは自分の人生を楽しく生きて良いのです。邪魔する権利は誰にもありません。

まとめ

今回は、毒親になる人の特徴や、毒親を持つことのスピリチュアルな意味について詳しくご紹介しました。

毒親を持つことには、「家系のカルマを解消するため」「魂の鍛錬のため」「徳を積むため」という意味がある場合があります。ツライ困難を乗り越えることで、魂は大きな成長を遂げるでしょう。

ただし、毒親に苦しめられて極限状態になっている人は「子供は親を選んで生まれてくる」という考えに縛られすぎないようにして下さい。
毒親の呪縛から解放されて1人で生きていくことも、選択肢の1つとして考えておくことをおすすめします。