疎外感を感じる時のスピリチュアルな意味とは?

職場や学校などにうまく馴染めず、疎外感を感じたことがある人は多いのではないでしょうか。
中には、仲良しグループと一緒にいても、ふとした時に孤独を感じてしまうという人もいると思います。

疎外感を感じるのは、心理的な理由の他に、スピリチュアル的なことが関わっているケースがあります。

この記事では、疎外感を感じる理由やスピリチュアルな意味について詳しくまとめてみました。
疎外感を克服するための対処法もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

無視されている?なぜか疎外感を感じる理由とは

実際に無視されている、いないに関わらず、なんとなく周りから無視されているような疎外感を感じてしまうのはなぜでしょうか。
心理的な理由は主に次の3つが挙げられます。

・寂しがり屋だから
・承認欲求が強いから
・自己肯定感が低いから

では、項目ごとに詳しく見ていきましょう。

理由1:寂しがり屋だから

「寂しい」という気持ちが人一倍強い寂しがり屋の人は、ちょっとしたことで疎外感を感じがちです。

単独で行動するのが苦手なので、自分の周りに人が居ないだけで「ひとりぼっちで寂しい」「誰も相手にしてくれない」と思ってしまうことも。

いつも「心が満たされていない」という感覚があり、常に誰かが心のスキマを埋めてくれることを願っています。

理由2:承認欲求が強いから

いつでも周りから注目されていないと気が済まない承認欲求が強い人も、疎外感を感じやすいと言えます。

「褒められたい」「認められたい」という気持ちが人一倍強いぶん、思った通りの反応が得られなかった時に「誰もわかってくれない」と落ち込んでしまうのです。

幼い頃に承認欲求を満たしてもらえていないと、承認欲求が過剰な大人になってしまうケースがあると言われています。

理由3:自己肯定感が低いから

自己肯定感が低く自分に自信がない人も、疎外感を感じやすいと言えるでしょう。

自分に自信がないと、たとえ仲良しグループと一緒にいる時でも「ここに居てもいいのかな」「私だけ浮いているかも」と不安や孤独を感じてしまうことがあります。

また、周りが好意的に接していても「私に話しかける時だけ他人行儀な気がする」など、勝手にネガティブに捉えてしまうケースも少なくありません。

疎外感を感じる時のスピリチュアルな意味

疎外感を感じる時、スピリチュアル的には次の3つの意味があると考えられます。

・潜在意識に負の感情が蓄積されている
・前世や過去世の影響を受けている
・孤独感を克服して魂を成長させる試練

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

意味1:潜在意識に負の感情が蓄積されている

疎外感を感じる時は、スピリチュアル的に潜在意識に負の感情が蓄積されていることを意味しているケースがあります。
負の感情とは、「怒り」「悲しみ」「不安」「恐怖」「妬み」「不満」などのことです。

負の感情が潜在意識に蓄積されていると、無意識のうちにあなたの態度や言動に負の感情がにじみ出て、それを周りの人も敏感に察知してしまいます。

すると周りの人はなんとなくあなたと距離を置くようになり、それを感じ取ったあなたが疎外感を抱くようになるのです。

意味2:前世や過去世の影響を受けている

スピリチュアル的に、前世や過去世の影響を受けて疎外感を感じることもあります。

前世や過去世で人間関係に苦労していたり、人から裏切られて深く傷ついたりしていると、その経験がカルマとなり、現世に影響することがあるのです。

どこかのタイミングでカルマを解消しない限り、疎外感はあなたについて回る可能性が高いと言えるでしょう。

意味3:孤独感を克服して魂を成長させる試練

疎外感を感じる時は、孤独感を克服して魂を成長させるための試練を意味しているケースもあります。

疎外感や孤独を感じるのはあなたにとって非常に辛いことでしょう。
しかし、神様は乗り越えられない試練は与えません。

だからこそ、疎外感を感じたときには「自分の魂を大きく成長させるためだ」と思って、前向きに捉えることをおすすめします。

疎外感を克服したい時の対処法3つ

疎外感を克服したい人は、次の3つの対処法に取り組んでみることをおすすめします。

・自分に集中し、自分を愛する
・心と体をゆっくり休める
・スピリチュアルの専門家に相談する

では、1つずつチェックしていきましょう。

対処法1:自分に集中し、自分を愛する

疎外感を克服したい場合は、自分のことは自分で満たせるようにすることが大切です。

他人が自分をどう思っているかということに目を向けるよりも、まずは自分に集中しましょう。
そして「自分は自分」「ありのままの私で良いんだよ」と自分を受け入れ、愛してあげてください。

こうすることで徐々にエネルギーが高まり、負の感情も消え、疎外感を感じづらくなっていくはずです。

対処法2:心と体をゆっくり休める

疲れていると波動が下がりやすく、そのぶん負の感情をため込みやすくなる場合があります。
そのため疎外感を克服したい時には、心と体をゆっくり休めるのも1つの手です。

いつもよりも睡眠時間を長めにとったり、じっくりと湯船に浸かってリラックスしたり、自分が心地よいと感じる方法を取り入れてみてください。

心と体にエネルギーがチャージされれば、疎外感を感じることも自然と少なくなっていきます。

対処法3:スピリチュアルの専門家に相談する

疎外感を克服するために、あらゆる手段を尽くしても効果がない場合は、スピリチュアルの専門家に相談してみることをおすすめします。

前世や過去世の因果などが原因で疎外感を感じている場合、それを自分で認識するのはなかなか難しいものです。

1人で悩んで苦しくなってしまった時には、我慢せずにスピリチュアルの専門家の力を借りることを検討してみましょう。

まとめ

今回は、疎外感を感じる時のスピリチュアルな意味についてご紹介しました。

疎外感や孤独を感じるのは辛いことですが、それを乗り越える過程で新たな学びを得ることができます。
ぜひ、自分の魂を大きく成長させるチャンスだと思って、前向きに捉えてみてください。

また、過去の因果が関係している時は、1人の力ではうまく解決できないこともあるでしょう。
そんな時はスピリチュアルの専門家の力を借りてみるのも1つの手。
自分に合った方法で疎外感と向き合ってみてくださいね。