話し相手がいない…そんな時にやって欲しいことがコレ!

「日常的に話し相手がいない」という方は、実は意外と多くいらっしゃいます。
そしてそのことに悩み、苦痛に感じている方も少なくありません。
悩みごとの相談、ちょっとした会話、昨日のテレビ番組の話しなど、日常には様々な会話があります。
そうした会話をする相手がいないことで孤独感や寂しさを感じたり、ストレスを感じている方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、そういうお悩みをお持ちの方の気持ちが少しでも楽になる話しや、その状況を乗り越える方法をお話ししていきますね。

本当に話し相手がほしいのか?

話し相手がいない理由は、その方によって異なりますね。
では、どうして話し相手がいないのか?そのことについて考えてみましょう。

・気が合う人がいない
・同じ年代の人がいない
・知り合いがいない土地への引っ越し
・一人暮らしを始めた

上記のような“物理的”な理由の方もいらっしゃるでしょう。

・自分が言ったことを批判されるのが怖い
・自分のことを話すことで嫌わる気がする
・人と一緒にいると疲れる
・何を話していいのか分からない
・自分のことを知られることに抵抗がある
・人に興味がない

このような、ご自身の気持ちに理由がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この場合、「実は話し相手を求めていない」ということもあるかもしれません。
一人を好むことは決して悪いことではありませんし、話し相手がいることが=(イコール)幸せとも限りません。
まずはご自身が「本当に話し相手がほしいのか?」を考えてみましょう。