「自分を責める」という癖の原因や心理について知っておきたいこと!

物事が上手くいかないときや、身近な人が大変な状況に陥っているとき、自分を責めてしまう人がいます。
しかし自分を責めるということが状況を好転させることは、ほとんどないと言って良いでしょう。
それどころかご本人の気持ちを苦しめたり、生きにくさを感じることもあるのです。
つまり『自分を責める』という癖がある方は、できるだけ早くその癖を直したほうが楽しい人生を歩むことができると言えます。
ここでは、そんな『自分を責める』という癖の原因や心理についてお話ししていきましょう。

自分を責める原因

自分を責めてしまうという方は、ご自身の中に『理想の自分』をイメージしている方が多いようです。
もちろんそのことに気付いていない方もいらっしゃるでしょう。
ここでお話しする『理想的な自分』とは「こうありたい」と思う自分ではなく「こうでなければいけない」という思い込みのようなものを指しています。

・家事は完璧にこなす自分
・優しくニコニコ笑顔を絶やさない穏やかな自分
・仕事ができる弱音を吐かない自分
・懐の深い寛大な自分
・誰にでも好かれる決して怒らない自分

このほかにも様々な『理想の自分』をイメージしている方がいらっしゃるでしょう。
こうした『理想の自分』の多くは、幼少期に植え付けられると言われています。
親御さんなどの養育者、祖父母や兄弟姉妹などの家族、友人、先生など、人は幼少期から様々な人と関わります。
この関わりの中でいろいろな経験をし、「自分はこうでなければ愛されない」「この期待に応えなければ存在価値がない」などという自分に対するイメージが出来上がっていきます。
逆に「こうはなりたくない」「こんなことを言う人間には絶対にならない」など、負の経験から自分のイメージを築く人もいるでしょう。