将来に不安しかない…そんな方に知っておいて欲しいことや対処法などをご紹介!

将来を考えることは誰にでもあることでしょう。
具体的な目標を持って「何年後にはこうなっていたい」「何年後までにはこの資格を取得したい」「老後はこんな風に過ごしたい」とポジティブに未来を描ける人もいるでしょう。
しかし中には「将来を考えると不安しかない・・」という方もいます。
ここでは、そんな『将来に不安しかない』方の思考のクセと対処法についてお話ししていきましょう。

将来が不安になる理由

当たり前のことですが、将来が明確に分かっている人などいません。
しかし誰にも分からない将来に関して、良い想像ができる人と不安材料を集めてしまう人がいるでしょう。
では、その不安はどこから来るのでしょうか。
不安になる理由について考えてみましょう。

1つは『将来のリスクを回避したい』と考えるためです。
将来起こるかもしれないリスクは容易に想像できます。
お金の不安、健康の不安、人間関係の不安、家族に対する不安など、様々な不安材料があります。
「そのようなリスクを背負いたくない」「できるだけ回避したい」と思うあまり、「もしこうなったらどうしよう・・」と不安になってしまうのです。

さらに、ご自身の周りにいる身近な人の苦労やメディアなどが取り上げる報道から不安を抱く人もいらっしゃるでしょう。
親兄弟や親族、近所の人や知人、知人の家族や知り合いのことなど、具体的な現実を知ることで不安が増殖してしまうこともあります。
身近にある現実なだけにリアルに自分に置き換えることが可能で、不安に陥りやすい状況だと言えます。

また、将来が漠然とし過ぎていて不安を感じる人もいらっしゃるでしょう。
将来を描くことができない、仕事はどうなっているのか?住むところは?家族は?何もかもが想定できないことで将来が見えず、不