誰とも関わりたくない…その理由や対処法をご紹介!

人は誰でも「誰とも関わりたくない」と思うことがあるでしょう。
もちろん個人差がありますので、中には「そんなことを思ったことはない」という方もいらっしゃるかもしれません。
しかし大概の人は、多かれ少なかれ「誰とも関わりたくない」と思う経験をしているでしょう。
ここではそんな『誰とも関わりたくない』と思う理由と対処法についてお話ししていきましょう。

誰とも関わりたくない=心身のSOSかもしれない

「誰とも関わりたくない」と思うのは、誰にでもあることです。
しかしその状態を安易に捉えてはいけません。
人によって理由は様々ですし、すべてが“SOS”だとは言えませんが、人と関わることが大好きだった人が「誰とも関わりたくない」と思うようになったり、そう思うことに不安や焦りがある場合は自分の内面と向き合う必要があるかもしれません。
まずは自分の内面に耳を傾けて、どうして「誰とも関わりたくない」のか、関わることを考えたときにどんな気持ちになるのかなどを考えてみると良いでしょう。

誰とも関わりたくない人の理由

裏切りや誹謗中傷などで心を傷つけられたり、自分が誰かを傷付けてしまうようなことがあると、人は誰かと関わることが怖くなったり、拒絶してしまうこともあります。
また、心身が疲労しているときや考え事をしているときなど、誰かと関わることが煩わしくなることもあるかもしれませんね。
それは人としておかしなことではありませんし、むしろ当然のことだと言えるでしょう。
「誰とも関わりたくない」と思う理由は人それぞれですが、その理由を具体的に考えてみましょう。

トラウマがある

過去に信頼していた人に裏切られたり、誰かにバカにされた経験がある人は、人と親しくなることを避けることがあります。
心の傷が癒えなければ、人との関わりを持つことが苦痛になることもあるでしょう。

コミュニケーションが苦手

人見知りの人や、話しが上手くできない人にとって、人と関わることはとても億劫なことです。
せっかく出会いがあっても距離を縮めることができなかったり、一人だけ浮いてしまうなどの経験があると、所見で関わることさえも避けることがあるでしょう。

プライドを傷つけられたことがある

人前で不本意ないじられ方をして恥ずかしい思いをしたり、誰にも知られたくないことを人にバラされるなど、人前で恥をかかされた経験がある人は、人と関わることを避けることがあります。
心を頑なに閉じ、絶対にバカにされないように身構えてしまうなど、そうした経験から誰とも関わりたくないと思うことがあるでしょう。

疲れている

心身の疲労は、人の余裕を奪ってしまいます。
気遣いすることができなくなったり、些細なことで傷つきやすくなってしまうこともあります。
休息を必要としているときなので、誰とも関わりたくないと思うこともあるでしょう。

相手の気持ちを敏感に感じ取ってしまう

様々な感覚が敏感で感受性が強い人のことを“HSP”といいます。
(HSP=ハイリー・センシティブ・パーソン:様々な感覚が敏感で感受性が強い人)
人との関わりの中で相手の気持ちを敏感に感じ取ってしまうため、相手への気遣いに疲れてしまったり、相手の負の感情が移ってしまったり、相手が嫌がっている気持ちなども感じ取ってしまいます。
このタイプの人は気疲れしやすく、生き辛さを感じる人も多いでしょう。

誰とも関わりたくないときの対処法

「誰とも関わりたくない」と思うとき、或いは常に「誰とも関わりたくない」と思っている人にとって、人と関わらなければいけない場面は苦痛が伴うでしょう。
また、人と関われないことが不安になったり、友達がいないことに焦りを感じる人もいるかもしれませんね。
まず第一に、人と関わることが苦手な人が、世間体や体裁のために無理して人と関わる必要はありません。
結果的に自分にとって辛い時間になってしまうなら、無理に人と関わるよりも一人の時間を充実させることを考えてみてはいかがでしょうか。
しかし「誰とも関わりたくない自分を克服したい」という人もいるでしょう。
そのような場合は、どうしたら良いのでしょうか。

・他人に期待しない
・自分を信じる
・コンプレックスを受け入れる
・先に「話下手なんです」など相手に伝える

そして日常の中で休息の時間をしっかりと取って、リフレッシュすることを忘れてはいけません。
必要に応じて一人になる時間を作ったり、ストレスを発散したり、マッサージや美容院に行くなどして心を満たしてあげると、人と関わることを楽しいと感じることができるかもしれません。

まとめ

「誰とも関わりたくない」と思うことは誰でもあります。
まずはご自身の中のその理由を探してみましょう。
場合によっては無理に人と関わらない方がいいこともありますが、一時的な気持ちであれば、上記の対処法を参考にしてみてはいかがでしょうか。
「誰とも関わりたくない」と思うのは心身のサインである場合もありますので、自分を責めずに、SOSに気付いて休息を取るようにしましょう。