断れない性格の原因や断れる人になる方法をご紹介!

「頼まれると断ることができない」
「本当は嫌なのに引き受けてしまう」
「誘われると断れない」など
断れない性格の人にとって、人に頼まれることは憂鬱の原因になってしまうこともあるでしょう。

人は簡単に言うかもしれません。
「あなたが強い意思を持って断ればいい」
「上手く断れるようにならないと!」
「自分の正直な気持ちを優先した方がいい」

しかし、そんなことは断れない本人が一番よく分かっているでしょう。
それができれば、とっくに断れる人間になっていますよね。
ここでは、そんなあなたの本当の『断れない原因』と『断れる自分になる方法』を考えていきましょう。

断れない性格の原因

頼みごとや誘いを断れない原因は『優しいから』『気が弱いから』『嫌われるのが怖いから』などと思われがちですね。
確かにそれもあるかもしれません。
しかし原因はそれだけでしょうか。
では、キッパリと断ることができる人は『優しくない人』『気が強い人』『嫌われても平気な人』ということになりますよね。
つまり原因は『そんなことではない!』ということです。
では、断れない性格を作った原因は何なのでしょうか。

断れない性格の人の心理

1つに、人の期待に応えなければ「嫌われる」「見捨てられる」「相手の機嫌を損ねる」「相手をガッカリさせる」などの思い込みがあることが考えられます。
ほかにも「役に立つ人は立派な人」「何でもできる人は信頼される人」「誘いを断らない人は好まれる人」などの思い込みがあるかもしれません。

でも考えてみてください。
頼みごとや誘いを断ったくらいで人に嫌われることがあるでしょうか?
それだけで嫌われることはないでしょう。
恐らく、『断れない性格』の人もそんなことは分かっていますよね。

断れない性格の人の特徴

断れない性格の人の多くは自分に自信がなく、とても低いハードルで簡単に嫌われることを恐れています。
つまり自己肯定感が低く、「自分なんかが・・」という気持ちになりがちの人が多いでしょう。
誘われたら断れない、頼まれたら引き受けてしまうのは、「相手に良く見られたい」「自分の評価を上げたい」という思いから、自分の本心を後回しにしてしまうからだと考えられます。
自己肯定感の低さはそのまま自分の過小評価に繋がり、「自分なんかが・・・」という想いを生んでしまうのです。

「誘いを断ったら相手に申し訳ない」
「相手の期待に応えなければ嫌われる」
「頼みごとを引き受けなければ、