気を紛らわす方法が→コレ!自分に合った紛らわし方を解説!

誰でも「気を紛らわせたい」と思う場面を経験したことがあるでしょう。
例えば、『心配事があるとき』『不安なとき』『体のどこかが痛いとき』『ダイエット中の空腹』『失恋したとき』などなど。
人は負の感情や状況を一時でも回避したいと思うときに「気を紛らわせたい」と思うのです。
では、実際に気を紛らわす方法はあるのでしょうか。

気を紛らわす方法とは?

どんな人でも生きていれば嫌なことが起こったり、逃げたいと思うような状況になることがあります。
そんなとき、ほかのことを行うことで『嫌なこと』や『逃げたいこと』を一時でも忘れることができれば、『気を紛らわす』ことができたということですね。
ダイエット中の空腹を友だちとの電話で紛らわせたり、失恋の辛さを好きなゲームで紛らわすなど、状況によって方法は異なるでしょう。
そして人によってもその方法は異なりますね。
上記で『ダイエット中の空腹』を例に挙げましたが、人によっては「食べ物を一切見たくない!ニオイも写真もダメ!感じたくない!」という人もいますし、「大食い動画を見ると自分も満たされた気持ちになる♪」という人もいます。
つまり、『気を紛らわす方法』は1つではない、状況によっても個人によっても異なるということですね。
ただし場合によっては、気を紛らわそうとすること自体が逆効果になってしまうこともあります。
何かほかのことをやろうとしても手が付かず、或いはほかのことをやろうとすればするほど気になってしまうこともあるでしょう。

気を紛らわすことが逆効果になるケースは?

では、気を紛らわそうとすればするほど逆効果になってしまうケースとは、どんなことでしょうか。
『不安』や『心配』という感情は、実は抑えようとすればするほど大きくなってしまう傾向にあります。
このような感情を人は否定的に捉えてしまいます。
ですからその気持ちを忘れようとしたり、何かで紛らわそうとしますが、ほとんどのケースで不安や心配