月の周りに虹が現れる月暈をスピリチュアル的に解説!

月の周りに幻想的な虹の輪が現れる「月暈(つきがさ・げつうん)」という現象。あなたは見かけたことがありますか?

月暈をスピリチュアルな観点から見ると、基本的には幸運のサインとされており、細かく分けるといくつかの意味を表します。

この記事では月暈のスピリチュアル的な意味について詳しくまとめているので、早速チェックしていきましょう。
また、月暈が現れやすい条件についてもお伝えするので「月暈を見たい」と思っている人は併せて参考にしてください。

月の周りに虹の輪が現れる月暈(つきがさ・げつうん)とは?

月暈(つきがさ・げつうん)とは、月の周りに現れる虹のような光の輪のこと。
細かい氷の結晶でできている雲が、月に薄くかかったときに光が反射および屈折して起こる現象です。

月暈という名称の他に、下記のような別名で呼ばれることもあります。
・白虹(しろにじ・はっこう)
・霧虹(きりにじ)
・月虹(げっこう)
・ムーンボウ
・ルナレインボー

また、太陽の周りに現れる虹は「日暈(ひがさ・にちうん)」や「ハロ現象」と呼ばれています。