何もできない自分を責めずに人生を楽しく生きる方法とは?

「自分は何もできない」「何の価値もない」「生きてる意味がない」そんな風に無力感を感じるとき、人は自信を失って希望も持てず、エネルギーが枯渇したような状態になるでしょう。
そういう経験をしている方は非常に多く、場合によってはその辛さからなかなか立ち直れない方もいらっしゃるようです。
誰かと比べて自分はダメだと感じたり、何か失敗をしたり、誰かの役に立つことができなかったなど、理由は様々です。
ここでは、そのような状態から立ち直る方法や自分の価値に気付く方法などについてお話しをしていきましょう。

何もできない自分が情けないと思う心理

何もできない自分が情けないと思ってしまうのは、その人がそれだけ一生懸命生きている証拠で、「誰かの役に立ちたい」「価値のある生き方をしたい」という想いがあるからです。
その一方で「認められたい」「分かってほしい」という想いも強いでしょう。
だからこそ、努力が報われなかったときや失敗したとき、誰かと比べて敵わないと感じたときなど、そんな自分を受け入れることができずに「こんな自分はダメだ」と落ち込んでしまうのです。
しかし努力が報われないことも失敗することも、人と比較して敵わないと思うことも、誰でも日常的に経験しているはずです。
そんなときでも「自分は何もできない」と感じない人もいますよね。
では、その違いは何なのでしょうか。

何もできない自分が嫌い

何もできない自分を責めてしまう人は「自分を好きじゃない」「自分が嫌い」という方が多いようです。
「何もできない自分」を認められないため、本気で自分と向き合うことができず、結果的に「自分が嫌い」ということになるのです。
しかし、思い返してみてください。
本当に何もできませんか。
人は面白いことに、興味のあることや好きなことはどんどん覚えることができますし、修得することもできるでしょう。
長く続けている習慣は「目を瞑ってもできる」と言うほど簡単にできるで