足の小指をぶつけるのはスピリチュアル的にどんな意味があるの?

何気なく歩いているときに、足の小指をタンスの角やテーブルの脚などにぶつけて痛い思いをすることってありますよね。

ときには足の爪が剥がれたりして、あまりの激痛に涙が出てしまう人や、「もう最悪!」とイライラしてしまう人も少なくないでしょう。

この記事では、足の小指をぶつけたときのスピリチュアルな意味について詳しくご紹介します。
足指のトラブルに悩まされたときの対処法もお伝えするので、ぜひチェックしてみてください。

足の小指をぶつけるスピリチュアルな3つの意味

足の小指をぶつけるときのスピリチュアルな意味は、主に次の3つです。

・右足の小指をぶつけるのは金運が低迷している暗示
・左足の小指をぶつけるのは信じる力が弱まっている暗示
・「今の自分を振り返って」というメッセージ

では、それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

意味1:右足の小指をぶつけるのは金運が低迷している暗示

スピリチュアル的に見ると、10本の足の指にはそれぞれ異なる意味合いがあります。

右足の小指が表しているのは「お金」「財力」
つまり、自分の不注意で右足の小指をぶつけてしまったときは、金運が低迷していることを示しています。

なかなか収入が上がらないことや、浪費ばかりして一向にお金が貯まらないことに悩んでいませんか?
それはあなたの金運が低迷しているのが原因かもしれません。

また、右足の小指をぶつけたときは、財布を落としたり詐欺にあったりして大金を失う前兆を示している場合もあるので注意しましょう。

意味2:左足の小指をぶつけるのは信じる力が弱まっている暗示

左足の小指が表しているのは「信じる力」「信頼性」です。
つまり、ふとした拍子に左足をぶつけてしまったときは、あなた自身の信じる力が弱まっていることを暗示しています。

うまくいっているはずのパートナーのことが信じられずに「浮気しているんじゃないか」と不安になったり、「誰も信じられない」と疑心暗鬼になったりしていませんか?

自分が相手に対して信じる気持ちを持てなくなると、相手も徐々にあなたに対する信頼を失っていきます。今まで築き上げてきた関係をぶち壊してしまわないよう、一度冷静になることが大切です。

意味3:「今の自分を振り返って」というメッセージ

スピリチュアル的に、足の小指をぶつけるのは「今の自分を振り返って」というメッセージです。
これまでの自分の行動を振り返って「今の自分に足りないものはなんだろう」と考えてみましょう。

足の小指をぶつけて痛い思いをするのは誰でも嫌なものですが、これは新しい気づきを得て、魂を飛躍的に成長させるチャンスかもしれません。
ぜひ、この機会をこれからの人生に活かしてください。

足の爪が剥がれるのは古い考えやエゴを手放すときが来たサイン

足の小指をぶつけたときに爪がポロっと剥がれてしまった経験はありませんか?
足の爪が自然に剥がれるのは、「これまでの古い考えやエゴを手放すときがきた」というスピリチュアルメッセージです。

これまでのルールや考え方に縛られて「こうしなければいけない」と思い込んでいる人は、思い切ってその気持ちを手放してみましょう。
また、「自分だけ良ければいい」という利己的な感情も、今のあなたにはもう必要ありません。

古い考えやエゴを手放せば、今までよりももっと幸せな未来が待っているはずです。

足指のトラブルに悩まされたときの対処法

足の指をぶつけて痛い思いをしたり、足の爪が剥がれたりするといったトラブルに見舞われた場合は、何度も繰り返さないために自分の考えや行動を改める必要があります。

おすすめの対処法は次の2つです。
・「大怪我じゃなくて良かった」と前向きに考える
・一度立ち止まって自分を振り返る機会を作る

では、それぞれの項目についてさらに詳しく見ていきましょう。

対処法1:「大怪我じゃなくて良かった」と前向きに考える

足の小指をぶつけると、あまりの痛みに「もう最悪」とネガティブな発言をしたり、「タンスがこんなところにあるのがいけないんだ」と八つ当たりしたりする人もいます。

ただし、ネガティブな言動や行動は、さらにネガティブな現実を引き寄せてしまうケースがあるため注意が必要です。

どんなに痛かったとしても「まぁ大怪我じゃなくて良かった」と前向きに考えることをおすすめします。

対処法2:一度立ち止まって自分を振り返る機会を作る

足の小指をぶつけたときは、一度立ち止まってこれまでの自分を丁寧に振り返る機会を作るようにしましょう。

「右足の小指をぶつけたときは金運が低迷している」「左足の小指をぶつけたときは信じる力が弱まっている」という意味を知っているだけでは、あまり意味がありません。

今の状況を脱するためにはどうしたらいいのかじっくりと考える時間を作り、そのうえで自分なりに行動を起こしていくことが大切です。

まとめ

今回は、足の小指をぶつけるときのスピリチュアルな意味や対処法について、詳しくご紹介しました。

「足の小指ってよくぶつけちゃうんだよね」と、よくあることの1つとして流してしまうと、後々思わぬトラブルに見舞われてしまうこともあります。

だからこそ、足の小指をぶつけたときはスピリチュアル的な意味を思い出し、これまでの自分を振り返って、魂の成長や今後の運気上昇に繋げていきましょう。