背中が痛い時のスピリチュアルな意味とは?5つの部位に分けて解説!

大きな負荷がかかったり、長時間悪い姿勢でいたりすると痛みを感じやすくなる背中。

ただ、特にこれといった心当たりもないのに突然背中が痛くなった時には、スピリチュアル的なメッセージが込められていることも少なくありません。

この記事では、背中が痛い時のスピリチュアルな意味について詳しくご紹介します。
背中の痛みを緩和するためのスピリチュアルな対処法もお伝えするので、ぜひ併せて参考にしてください。

背中が痛い時のスピリチュアルな意味と対処法

スピリチュアルな観点から見ると、背中のどの部位に痛みを感じるかによって、それぞれ意味合いが異なると考えられます。

そこで、ここからは「背中の中央」「右側」「左側」「肩から背中にかけて」「肩甲骨」の5つの部位に分けて、意味と対処法をご紹介していきます。

では、さっそく見ていきましょう。

背中の中央の痛みは心を閉ざしているサイン

背中の真ん中あたりに痛みを感じる場合は、スピリチュアル的に「あなた自身が心を閉ざしている」というサインです。

本当は良い人間関係を築いていきたいと願っているにもかかわらず、無意識のうちに相手に対して心を閉ざしています。

そのため、周りの人から「気難しい人」と思われているケースも少なくありません。

対処法:恐怖心を手放して少しずつ心を開く

心を閉ざしている人は、相手に対して「否定されるかもしれない」「傷つきたくない」という恐怖や緊張を無意識のうちに感じています。

恐怖心や緊張感を持って人と接すると、相手に拒絶のサインとして伝わってしまうことも。

だからこそ背中の中央あたりに痛みを感じた時には、思い切って恐怖心を手放し、少しずつ心を開いていくことが大切です。

背中の右側の痛みは誰かや何かを愛せていないサイン

スピリチュアル的に、背中の右側に痛みを感じる時は「誰かや何かを愛せていない」というサインです。

今のあなたは、かけがえのないパートナーや大切な家族、友達、職場の仲間に対して愛を持って接することができていないかもしれません。

また、身近なものや環境に対して納得がいかず、不平不満を抱いている可能性も考えられます。

対処法:感謝の気持ちを大切にする

人や物に対して愛を持てなくなってしまった時は、いつも以上に感謝の気持ちを大切にしましょう。

特別なことがなくても、「自分が平和に暮らせているのは、周りの人のおかげ」「いつもありがとう」と心の中で何度も唱えてみるのがおすすめ。

徐々に心があったかくなっていくのを感じると同時に、背中の右側の痛みもだんだんと和らいでいくはずです。

背中の左側の痛みは自分を誤って解釈しているサイン

背中の左側に痛みを感じる時は、「自分を誤って解釈している」というサインです。

今のあなたは、自分の気持ちをキャッチするための受信部に少しトラブルが発生している可能性があります。

無意識のうちに「自分が本当にやりたいこと」や「本当に望んでいること」から遠ざかっているため、そのことに早く気づき、速やかに軌道修正していきましょう。

対処法:自分の心の声に耳を傾ける

自分の気持ちをキャッチするための受信部に問題が発生している時は、いつもより丁寧に自分の心の声に耳を傾ける機会を作ることが大切です。

静かな場所で目を閉じ、自分自身とじっくり向き合いましょう。

自分の本当の気持ちに気づき、素直に行動できるようになれば、自然と背中の左側の痛みも緩和されていくはずです。

肩から背中にかけての痛みは人に気を遣いすぎているサイン

肩から背中にかけて痛みを感じる時は、スピリチュアル的に「人に気を遣いすぎている」というサインです。

今のあなたは、自分のことよりも相手のことに集中しすぎているかもしれません。
もちろん、相手のことを考えられる優しさを持っているのは素晴らしいこと。

ただし、自分をないがしろにしていると、あなた自身のエネルギーがどんどん弱まってしまうため注意が必要です。

対処法:自分のことを二の次にせず大切にする

人に気を遣いすぎていることが原因で肩から背中にかけて痛みを感じている場合は、自分を二の次にせず、しっかりと大切にすることを心がけましょう。

まずは自分を満たすことを優先して、自分自身をたっぷり喜ばせてあげてください。そして自分自身が愛で満たされた時に、改めて周りに愛を注げば良いのです。

肩甲骨の痛みは「後悔する気持ちが強い」というメッセージ

肩甲骨や肩甲骨の周辺に痛みを感じる時は、「後悔する気持ちが強い」というスピリチュアルメッセージです。

「あの時、彼に告白していたら今頃は・・・」「もっと勉強しておけばよかった・・・」など、過ぎてしまったことを悔やんでばかりいませんか?

過去を否定して後ろ向きな考え方ばかりしていると、人生が上手く回っていかず、運気もどんどん低迷してしまいます。

対処法:過去をポジティブに受け止める

後悔する気持ちが強いことで肩甲骨に痛みを感じている場合は、過去をポジティブに受け止めることが大切です。

スピリチュアルな観点から見ると、人生において無駄なことは1つもありません。あなたが後悔している出来事も、必ず意味があるから起こったのです。

だからこそ、後悔するような過去の出来事も未来への糧にして、ポジティブに進んでいきましょう。後悔の念を手放すことができれば、肩甲骨の痛みもスッと消えていくはずです。

まとめ

今回は、背中が痛い時のスピリチュアルな意味について詳しくご紹介しました。

背中は痛む箇所によって少しずつ意味合いが異なります。
ぜひ本記事を参考にスピリチュアルメッセージを読み取り、今後の人生に活かしていってください。

また、背中はスピリチュアル的に邪気が溜まりやすい部位です。
精神的なストレスや肉体的な疲れが溜まったときには凝り固まってしまうこともあるため、こまめに背中や肩甲骨のストレッチをしておくと良いでしょう。