カルマとは?スピリチュアル的な意味を解説!

「カルマって何?」「スピリチュアル的にはどういう意味があるの?」という疑問を持っている人も少なくないのではないでしょうか。

そこで、この記事では「カルマ」について、スピリチュアル的な観点から詳しく解説していきます。

前世や今世、来世とカルマがどのように関わっているのかということや、過去世で作った悪いカルマを断ち切るために必要なこともお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

カルマって何?スピリチュアル的な意味とは?

スピリチュアル的に言うと「カルマ」とは、報いを招く過去世での行いのことです。

仏典などの日本語の解釈では「業(ごう)」、サンスクリット語の解釈では「行為の結果として蓄積される宿命」という意味合いで使われています。

「カルマ」という言葉にネガティブなイメージを持っている人も少なくありませんが、実際には悪いカルマだけでなく、良いカルマも存在します。

また、カルマは限られた一部の人が持っているわけではありません。
この世に存在するすべての人が、何かしらのカルマを持って生まれてくると考えられています。

カルマの法則とは?

スピリチュアルに興味がある人は「カルマの法則」という言葉を、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

カルマの法則とは、「自分のしたことは、巡り巡って自分に返ってくる」というルールのこと。
つまり、良い行いには必ず良い結果が訪れ、悪い行いには必ず悪い結果が訪れるということです。

結果としての跳ね返りは、「思ったことや考えたこと」「言葉で発したこと」「行動を起こしたこと」の順に強くなっていきます。