セラピストはスピリチュアルな仕事なの?資格は必要?どんな人が向いている?

セラピストの仕事は?

セラピストの仕事には、マッサージ師やアロマセラピストなどの体感系と、精神面のケアを行うメンタル系、気孔などのエネルギー系など、様々なセラピストがいます。
いずれも心身のバランスを整えたり、癒し効果を提供するものです。
それぞれ方法は異なりますが、相手の立場に立つことが基本となります。
話に耳を傾け、心に寄り添い、お客さまが求めることに対して最善の施術を行うことが大切です。
ですので、「セラピスト=スピリチュアルな仕事」というわけでありません。

働く場所としては、専門マッサージ店や治療院などになりますが、個人で開業している方も少なくありません。
アルバイトやパートで働くこともできますし、正社員や契約社員ということもあるでしょう。
最近では、スーパー銭湯などで嘱託セラピストとして働く人も増えています。
ただし、業界全体を見た場合、正社員で雇用するところは少なく、多くはアルバイトや業務委託契約という形態となっているようです。
雇用が決まると、ほとんどの場合で研修期間が設けられていたり、入社後に独自資格を取得させるところもあります。
人気のセラピストになると指名されることも多くなりますので、給与は個人差が大きくなります。

セラピストの資格