たぬきによく遭遇する時のスピリチュアルな意味とは?たぬきを轢いた時や死骸を見た時なども解説!

「最近よく野生のたぬきを見かける」「たぬきの置物がやたらと目に入る」というあなたへ。

実は、たぬきをよく見かけるときはスピリチュアル的なメッセージが込められている場合があるので、どんな意味があるのか知っておくことが大切です。

この記事では、たぬきのスピリチュアルな意味について詳しく解説します。
たぬきを轢いてしまったときや、夢に出てきたときなどの意味もお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

たぬきによく遭遇するときのスピリチュアルな意味

日常生活でたぬきによく遭遇するときのスピリチュアルな意味は、主に次の3つです。

・幸運が訪れる前兆
・夫婦円満のサイン
・「愛嬌を忘れずどっしり構えて」というメッセージ

では、それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

意味1:幸運が訪れる前兆

スピリチュアル的に、たぬきは波動の高い生き物です。
そのため、幸運が訪れる前兆としてたぬきが目の前に現れるケースも珍しくありません。

とくに運気アップに期待できるのが、仕事運や金運、勝負運です。
たぬきを見かけたときは、昇進や昇給が決まる、臨時収入が得られる、勝負ごとに勝つなど、思いがけない幸運が舞い込むこともあるでしょう。

また、「恋人がほしい」と思っているタイミングでたぬきに遭遇した場合は、運命の人との出会いを暗示していることがあります。
ぜひ積極的に行動し、自らチャンスを掴みに行きましょう。

意味2:夫婦円満のサイン

たぬきは夫婦愛が強い生き物なので、スピリチュアル的に「夫婦円満」の意味を表しています。

普段から夫婦関係の良い人がたぬきに遭遇した場合は、「これから先もずっと仲の良い夫婦でいられますよ」というメッセージだと捉えていいでしょう。

一方、夫婦喧嘩が多く「これから先、うまくやっていけるのだろうか」と不安に思っている人がたぬきに遭遇した場合は、最終的に夫婦円満になることを示しています。

今はお互いの魂の修行のために夫婦喧嘩が必要なのかもしれません。
どんなに時間がかかったとしても、最終的には強い絆で結ばれるはずです。

意味3:「愛嬌を忘れずどっしり構えて」というメッセージ

ほのぼのとした愛嬌のある顔と、太くて大きい尻尾を持つたぬきには、スピリチュアル的に「愛嬌」や「安定感」といった意味があります。

もし、あなたが不安を抱えているときに偶然たぬきを見かけたら、「愛嬌を忘れずにどっしり構えていれば大丈夫」というスピリチュアルメッセージです。

不安を手放し、どっしりと構えて笑顔で過ごしていれば、きっと人生が好転していくでしょう。

複数のたぬきに遭遇したときのスピリチュアルな意味

単体のたぬきに遭遇するときと複数のたぬきに遭遇するときとでは、スピリチュアル的な意味合いが異なります。

たとえば、つがいのたぬきに遭遇したときはツインレイとの出会いを暗示しています。
ツインレイとは、この世にたった1人の運命の相手のことです。
つがいのたぬきを見かけたときは、運命の人との出会いが近いと言えるでしょう。

また、たくさんのたぬきに遭遇したときには、あなたに偽りの情報を吹き込もうとしている人が身近にいる暗示です。
人の言うことを鵜呑みにせず、自分で精査するよう心がけましょう。

たぬきの死骸を見たときのスピリチュアルな意味

たぬきの死骸を見たときは、スピリチュアル的にトラブルが解決して良い方向に進んでいくことを暗示しています。

動物の死骸を見ると「不吉な予感がする」「霊に取り憑かれそう」と感じる人もいますが、心配する必要はありません。

もし、たぬきが車に轢かれて路上で死んでいるのを発見した場合は、最寄りの保健所や道路管理者に連絡をし、これ以上傷つかないようにしてあげると開運につながります。

たぬきを轢いてしまったときのスピリチュアルな意味

あなた自身がたぬきを轢いてしまったときは、スピリチュアル的に「選択や行動が間違っている」という警告です。
一旦これまでの自分を振り返り、行動を見直してみましょう。

また、たぬきを轢いてそのまま放置すると、さらにトラブルを引き寄せてしまうこともあります。

もし誤ってたぬきを轢いてしまった場合には、慌てず速やかに最寄りの保健所や道路管理者に連絡をしましょう。

たぬきの夢を見たときのスピリチュアルな意味

たぬきの夢を見たときは、精神的な疲れが溜まっていて癒しを求めているサインです。

あなたは今、人間関係のトラブルに巻き込まれていたり、仕事を頑張りすぎたりして、心が疲れているのかもしれません。

好きな音楽を聴いてリラックスする、ゆっくりお風呂に入る、アロマテラピーを取り入れるなどして、自分を労わってあげましょう。

信楽焼のたぬきが縁起物とされているのはなぜ?

縁起物として飲食店などに置かれていることがある、信楽焼のたぬき。

たぬきは古くから「他抜き=他人より抜きんでる」という語呂合わせで、商売繁盛につながる縁起物として親しまれてきました。

また、特徴的な信楽焼のたぬきの姿は「八相縁起」と呼ばれる8つの縁起を表しています。

信楽焼たぬきの八相縁起

笠:思いがけない悪事や災難から身を守る
大きな目:周囲を見渡し、気を配り、正しい判断をする
笑顔:常に笑顔で愛想をよくする
徳利:人徳を身につけ、商売がうまくいくよう努める
通い帳:信用を第一に考える
大きいお腹:冷静さと大胆さを持ち合わせる
金袋:金運に恵まれる
尻尾:何事もしっかりした終わり方をする

まとめ

今回は、たぬきのスピリチュアルな意味について詳しく解説しました。

たぬきは基本的にポジティブな意味合いが強く、縁起の良い動物です。
ただし、縁起が良いからと言って執拗に追いかけまわしたり、捕まえようとしたりするのは良くありません。

もしも偶然たぬきを見かけたら、温かい気持ちで見守り、どんな意味を伝えてくれているのか考えてみましょう。
開運につながるヒントが得られるはずです。