スピリチュアル的に縁のある職場の特徴とは?縁のある職場を見つけるポイントもご紹介!

就職や転職の面接などで「今回はご縁がなかったということで・・・」と断られると、「ご縁って何なんだろう?」と思ったりしますよね。

そこでこの記事では、スピリチュアル的に縁のある職場の特徴や、自分にとって縁のある職場で働くことの意味について詳しく解説します。

また、スピリチュアル的に縁のある職場を見つける3つのポイントもお伝えしていくので、就職や転職で悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

スピリチュアル的に縁のある職場の特徴

スピリチュアル的に縁のある職場には、主に次の3つのような特徴があります。

・就職・転職がトントン拍子に進む
・直感的に自分に合っていると感じる
・仕事仲間との関係が良好

では、それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

特徴1:就職・転職がトントン拍子に進む

スピリチュアル的に縁のある職場の場合、就職や転職が驚くほどトントン拍子に進んでいきます。

なぜかというと、自分がその職場を選んでいるように見えて、実は自分が選ばれている立場だから。
天や神など、大いなる存在に「この職に就きなさい」と呼び寄せられているのです。

たまたま目にした求人情報に惹かれ、その勢いで応募するとすぐに面接日が決定。
そして面接後に即採用!といった具合に、何かに導かれるように滞りなく事が運びます。

反対に、企業説明会が満員で参加できなかったり、面接に行く途中で道に迷ったりと、何かとスムーズにいかない場合は、その職場とは縁がない可能性が高いと言えるでしょう。

特徴2:直感的に自分に合っていると感じる

スピリチュアル的に縁のある職場は、直感的に自分に合っていると感じるのが特徴です。

具体的な理由がわからなくても「なんとなくこの仕事が好き」「職場にいるとワクワクしてくる」と感じるのは、職場と自分の波動が合っているからだと言えるでしょう。

逆に「この仕事は自分に合っているのだろうか・・・」と不安に感じたり、「なんとなく職場に行きたくない」と感じたりする場合は、その職場との縁が薄い可能性があります。

特徴3:仕事仲間との関係が良好

スピリチュアル的に縁がある職場の多くは、仕事仲間との関係が良好なのが特徴です。

一緒にいると心地よい相手や、お互いに良い刺激を与えあえる相手などがいるため、常にポテンシャル高く働くことができます。

また、企業の説明会や面接で「この人と働きたい」と感じるような人物に出会う場合も縁があると言えるでしょう。

反対に、就職や転職の面接ですごく感じの悪い面接官に当たり、嫌な印象が強く残った場合は、その職場に縁がない可能性が高いため注意が必要です。

自分にとって縁のある職場で働く意味とは?

スピリチュアル的な見方をすると、縁がある職場で働く意味としては主に次のようなことが考えられます。

・魂の成長に必要な学びを得るため
・別の道に進む後押しのため

では、それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

意味1:魂の成長に必要な学びを得るため

スピリチュアル的に縁のある職場で働くのは、魂の成長に必要な学びを得るための場合があります。

仕事を通して新しいスキルを習得したり、人間関係の中で学びを得たり、苦手の克服をしたりするのが主な目的だと言えるでしょう。

「縁を感じて入社したけど、苦労が多い」と言う場合でも、それは縁がなかったわけではなく、苦労するような出来事を通して学ぶべきことがあったと考えられます。

意味2:別の道に進む後押しのため

スピリチュアル的に縁のある職場で働くのは、別の道に進むための後押しの場合もあります。

たとえば、直感的にやりたいと感じている仕事を見ないフリして、世間体を考えて就活をしていたりすると、すごく嫌な思いをする職場に引き寄せられることがあります。

つまり、「こんな仕事がしたかったんじゃない」「本当にやりたいのは○○の仕事だ」という本音を引き出すために、その職場とのご縁が紡がれたということです。

スピリチュアル的に縁のある職場を見つけるポイント

スピリチュアル的に縁のある職場を見つけるポイントは、次の3つです。

・直感を信じて行動する
・成り行きに身を任せてみる
・役目が終わった職場に執着しない

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント1:直感を信じて行動する

スピリチュアル的に縁のある職場を見つけるためには「直感を信じて行動する」ということが最も大切です。

「求人情報を見た瞬間にピンと来た」「ここで働いている自分の姿が想像できる」といった感覚があれば、それを信じて積極的に行動していきましょう。

また、働く条件的には申し分なくても、実際に職場に足を踏み入れたときになんとなく嫌な感じがする場合は、自分に合っていない可能性があるので要注意です。

ポイント2:成り行きに身を任せてみる

スピリチュアル的に縁がある職場の場合は、自分が無理をして頑張らなくても自然とうまくいくケースがほとんどです。
ドンと構えて、成り行きに任せましょう。

就職や転職でうまくいかないことが続くと焦って空回りしてしまうこともありますよね。
ですが、そんなときこそ肩の力を抜いてください。

自分でどうにかしようとするよりも、時の運に任せた方がスピリチュアル的な恩恵を受けられることがあるのです。

ポイント3:役目が終わった職場に執着しない

スピリチュアル的に縁のある職場を見つけるためには、役目が終わった職場に執着しないことも重要です。

「仕事をすぐに辞めてはいけない」「どんな仕事も長く続けるべき」「転職回数は多くない方が良い」といった考えにこだわる必要はありません。

ご縁を感じて入社した会社でも、そこでの学びが終わると自然と興味が薄れていくものです。
いつまでも固執していると次のご縁を見落としてしまうので注意しましょう。

まとめ

今回は、スピリチュアル的に縁のある職場について詳しく解説しました。

就職活動や転職活動で不採用が続くと、「自分を必要としてくれる会社なんてないんじゃないか」と不安になることもあるでしょう。

しかし、自分と縁のある職場は必ず存在します。
そして自分と縁のある職場に出会うと、今までの苦労がウソのようにスムーズに話が進むものです。

ぜひ諦めず、リラックスしながら、直感を信じて行動してみてください。