チーズが食べたい時のスピリチュアルな意味とは?チーズなどの乳製品は波動が低いって本当?

「チーズが食べたくなる時のスピリチュアルな意味が知りたい」というあなたへ。

特定の食べ物が無性に食べたくなる時は、スピリチュアルなメッセージが隠れていることも少なくありません。

そこで、この記事ではチーズが食べたい時のスピリチュアルな意味について詳しく解説します。
また、食事で波動を下げないための方法もお伝えするので、あわせて参考にしてみてください。

チーズが食べたい時のスピリチュアルな意味

無性にチーズが食べたいと感じる時は、スピリチュアル的に次のような3つの意味があります。

・積み上げてきたことが形になる暗示
・物事が長続きする暗示
・精神が不安定になっているサイン

では、それぞれの意味について詳しく見ていきましょう。

意味1:積み上げてきたことが形になる暗示

スピリチュアルな見方をすると、無性にチーズが食べたいと感じる時は、今まで積み上げてきたことが形になる暗示の場合があります。

チーズは種類によって多少異なるものの、独特な風味やうまみを出すために、約2週間から長ければ2年ほどの熟成期間が必要です。

そのため、チーズが作られる工程からは「コツコツと時間をかけて完成する」ということが連想されます。

つまり、チーズが食べたいという感情は、あなたが今までコツコツ積み上げてきたことがもうすぐ実ると教えてくれているのかもしれません。

意味2:物事が長続きする暗示

チーズが食べたい時は、スピリチュアル的に物事が長続きすることを暗示している場合があります。

なぜかと言うと、加熱すると溶けて糸を引くように伸びるタイプのチーズからは、物事が途切れずに長く続く様子が連想されるからです。

何か新しいことを始めたタイミングでチーズが無性に食べたくなったら、そのことを長く続けられるサインだと言えるでしょう。

意味3:精神が不安定になっているサイン

無性にチーズが食べたいと感じる時は、スピリチュアル的に精神が不安定になっていることを示している場合もあります。

チーズなどの乳製品には、必須アミノ酸のトリプトファンが多く含まれており、不足するとセロトニンをうまく作り出せなくなることも。
セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれる、心の安定を保つのに必要な脳内ホルモンです。

つまり、不安定になっている精神を安定させるために、潜在意識があなたに「チーズが食べたい」という欲求を起こさせているのかもしれません。

チーズなどの乳製品は波動が低い?

チーズをはじめ、バターや生クリーム、ヨーグルトなどの乳製品は、スピリチュアル的に波動が低い食べ物の1つとされています。

乳製品が波動の低い食べ物に分類されている原因は諸説ありますが、乳製品を作るのに必要な乳牛の飼育環境にあるという説が有力です。

ホルモン剤や抗生物質を投与されながら、自由に動き回ることのできない狭い牛舎で育てられた乳牛たち。
そんなストレスフルな環境で育った牛の乳から作られた乳製品は、お世辞にも波動が高い食べ物とは言えないでしょう。

ただし、これは極端な例であり、すべての乳牛がこのような劣悪な環境で育てられているわけではありません。
できる限り自然に近い環境でオーガニック酪農をしている場合もあるので、乳製品を購入する際にはぜひチェックしてみてください。

波動を下げずにチーズを食べる方法

スピリチュアル的に波動が低いとされるチーズですが、自分の波動を下げずに食べるにはどうしたら良いのでしょうか。

ここからは波動を下げずにチーズを食べる方法を、具体的に3つ紹介します。

方法1:感謝しながらよく噛んで食べる

チーズに限りませんが、波動が低いとされる食べ物を食べる時には、いつも以上に感謝しながらよく噛んで食べることが大切です。

食べ始める前には「いただきます」と命を頂くことに感謝しながら手を合わせ、よく噛んで味わい、美味しく頂いた後は「ごちそうさまでした」と改めて手を合わせましょう。

「波動が下がるかも・・・」と不安な気持ちで美味しくなさそうに食べるのは逆効果。
ポジティブな面にフォーカスして美味しく食べることを心がけてください。

方法2:野菜中心の食事を心がける

チーズなど波動が低いとされている食べ物を食べたい時は、スピリチュアル的に波動が高いとされる野菜中心の食事でバランスをとるよう心がけましょう。

たとえば、温野菜が手軽に摂れるバーニャカウダや、旬の野菜をたっぷり入れたチーズ鍋などがおすすめです。

また、あまり料理をしない人はチーズと一緒にアーモンドやクルミなどのナッツ類をつまむのも良いでしょう。
ナッツ類はとても波動が高く、1粒でも相当なスピリチュアルエネルギーを補うことができます。

方法3:食事を腹八分目に抑える

チーズなどを食べて波動を下げないためには、食事量を腹八分目に留めておくことをおすすめします。

「好きなものをお腹いっぱいになるまで食べるのが幸せ」という人もいますが、満腹になるまで食べてしまうと胃腸や内臓に負担がかかってしまいがちです。

生命エネルギーを活性化させ、波動を高めやすい体にするためには、満腹になる手前で食事を終わらせることを心がけましょう。

まとめ

今回は、チーズが食べたい時のスピリチュアルな意味について詳しく解説しました。

チーズをはじめとした乳製品は、スピリチュアル的に波動が低い食べ物に分類されていますが、チーズが食べたくなる時の意味は決してマイナスなものではありません。

「なんだか無性にチーズが食べたい」と感じた時には、ぜひ今回の記事の内容を思い出して、今後の人生のヒントにしてくださいね。