右目や左目だけから涙が出た時のスピリチュアルな意味とは?

右目だけ・左目だけから涙が出た経験はありますか?
大物女優さんの中には、涙のシーンで「カメラに写っている方の目からだけ涙を流す」という方もいらっしゃるようですね。
実は、人が涙を流すということには、スピリチュアルな意味があると言われています。
また涙を流すことでストレス解消になるということや、涙を流すことが心の浄化に繋がるとも言われています。
ここでは、右目や左目だけから涙が出た時のスピリチュアルな意味についてお話ししていきましょう。

右目だけから涙が出た時の意味

それではまず、右目だけから涙が出た時の意味について考えてみましょう。
実は、右目から出る涙は“嬉し涙”だと言われています。
つまり感動、感涙、達成感など、喜びに満ちた涙だということですね。

また別の意味では、「自分を押し殺している」「抑制」「本心や感情を隠す」「偽り」という意味があるようです。
『右目からの涙は嬉し涙』と言われる一方で、このような意味があるということは、ある意味では“苦し涙”であるとも言えますね。
右目だけから涙が出た時には、その時の背景にあるものにも着目してみると良いでしょう。

左目だけから涙が出た時の意味

では、左目はどうでしょうか。
左目からだけ出る涙は“悲し涙”だと言われています。
別離、喪失、失敗など、悲しみの感情で流す涙だということですね。

また別の意味では、「感情の解放」「許し」などの意味があるようです。
“悲し涙”は感情の解放でもあるので、そういう意味では理に適っていると言えるでしょう。

涙が持つスピリチュアルな意味