あくびが止まらない時のスピリチュアルな意味とは?

誰でもあくびをすることはありますね。
眠い時、寝不足の時、疲れている時、退屈な時、あくびをするには様々な理由があります。
しかしあくびにスピリチュアルな意味があることをご存知ない方は多いのではないでしょうか。

まさかあくびにスピリチュアルなメッセージが隠れているなんて!思ってもみないことかもしれませんね。
でも思い返してみてください。
眠くもないのに・・、疲れてもいないのに・・、しっかり寝たのに・・。
あくびが止まらないという経験をしたことはありませんか。

ここでは、『あくびが止まらない時のスピリチュアルな意味』についてお話ししていきましょう。

あくびが止まらない時のスピリチュアルなメッセージとは?

あくびと言えば、一般的には眠い時や脳が酸欠状態の時に出るものだと認識している方が多いでしょう。
しかしスピリチュアルでは、あくびが止まらないのは悪い気やネガティブなエネルギーを体の外に排出しようとする行動だと言われています。
ここで言うあくびは一般的な『眠い時に出るあくび』とは異なるもので、いわゆる“生あくび”です。

つまり、あくびが止まらないと言うことは、悪い気やネガティブなエネルギーを受けたからこそ出るものであり、一種の浄化作用のようなものですね。

ただし一般的な方はこのようなあくびが出ることはなく、霊的なレベルに関連して出るあくびだということです。
では、スピリチュアルな意味のあるあくびには、どんな特徴があるのでしょうか。

スピリチュアルな意味のあるあくびの特徴は?

・たくさん涙が出る
・眠くないのに何度も出る
・体の不快感や痛みとあくびが繋がっていることが分かる
・吐き出すときに勢いよく一気に吐く
・出そうで出ない
・あくびをすると体が楽に感じる

上記のようなあくびが出ることはありませんか。
もしもこのようなあくびが何度も繰り返し出る場合、それはスピリチュアルな意味のあるあくびかもしれません。

あくびは浄化作用?