菊理媛神(ククリヒメ)とは?スピリチュアル的に解説!

『菊理媛神(ククリヒメ)』をご存知でしょうか。
『菊理媛神(ククリヒメ)』は古事記には登場していませんが、日本書紀の神話の伊邪那岐(イザナギ)と伊邪那美(イザナミ)の別れのシーンで登場する神様ですが、一瞬しか出てきませんし、実はどんな神様なのかも語られていないのです。
ここでは、そんな『菊理媛神(ククリヒメ)』をご紹介して、スピリチュアル的に解説していこうと思います。

菊理媛神(ククリヒメ)は和合の神様

神話の中で、伊邪那岐が亡くなった伊邪那美を追いかけて黄泉の国と現世の境目である“黄泉比良坂(よもつひらさか)”へ行き、そこで夫婦喧嘩になるのは有名なシーンですね。
死をもって美しい姿を失った伊邪那美と、そんな醜い姿が恐ろしくなり離婚して現世に帰ろうとする伊邪那岐。
激しい口論となります。
この場面は、非常に感情的で激しいワンシーンですね。

ここで菊理媛神(ククリヒメ)が伊邪那岐に声を掛けます。
しかし何を話したのか、それは書かれていないのです。
それどころか、菊理媛神(ククリヒメ)がどんな神様なのか、どんな立場なのか、黄泉の国に住んでいるのか、何もかもが謎のまま説明は一切ないのです。
神話では、菊理媛神(ククリヒメ)に何かを言われた伊邪那岐が禊を行い現世に戻り、天照大御神・月読尊・須佐之男命が生まれるのですが・・。

もしも『菊理媛神(ククリヒメ)』が二神を仲裁することができていなければ、この神々は生まれなかったかもしれない・・、ということですね。
それにしても、そのときどんな言葉で仲裁したのか・・?!そんなミステリアスなところも、『菊理媛神(ククリヒメ)』の大きな魅力ではないでしょうか。
そんなことから、菊理媛神はその場を取りなす和合の神様とされています。
菊理媛神(ククリヒメ)の“ククリ”は“括る”から来ているとも言われており、「縁結びの神様」として崇敬されています。