菊理媛神(ククリヒメ)とは?スピリチュアル的に解説!

『菊理媛神(ククリヒメ)』をご存知でしょうか。
『菊理媛神(ククリヒメ)』は古事記には登場していませんが、日本書紀の神話の伊邪那岐(イザナギ)と伊邪那美(イザナミ)の別れのシーンで登場する神様ですが、一瞬しか出てきませんし、実はどんな神様なのかも語られていないのです。
ここでは、そんな『菊理媛神(ククリヒメ)』をご紹介して、スピリチュアル的に解説していこうと思います。

菊理媛神(ククリヒメ)は和合の神様

神話の中で、伊邪那岐が亡くなった伊邪那美を追いかけて黄泉の国と現世の境目である“黄泉比良坂(よもつひらさか)”へ行き、そこで夫婦喧嘩になるのは有名なシーンですね。
死をもって美しい姿を失った伊邪那美と、そんな醜い姿が恐ろしくなり離婚して現世に帰ろうとする伊邪那岐。
激しい口論となります。
この場面は、非常に感情的で激しいワンシーンですね。

ここで菊理媛神(ククリヒメ)が伊邪那岐に声を掛けます。
しかし何を話したのか、それは書かれていないのです。
それどころか、菊理媛神(ククリヒメ)がどんな神様なのか、どんな立場なのか、黄泉の国に住んでいるのか、何もかもが謎のまま説明は一切ないのです。
神話では、菊理媛神(ククリヒメ)に何かを言われた伊邪那岐が禊を行い現世に戻り、天照大御神・月読尊・須佐之男命が生まれるのですが・・。

もしも『菊理媛神(ククリヒメ)』が二神を仲裁することができていなければ、この神々は生まれなかったかもしれない・・、ということですね。
それにしても、そのときどんな言葉で仲裁したのか・・?!そんなミステリアスなところも、『菊理媛神(ククリヒメ)』の大きな魅力ではないでしょうか。
そんなことから、菊理媛神はその場を取りなす和合の神様とされています。
菊理媛神(ククリヒメ)の“ククリ”は“括る”から来ているとも言われており、「縁結びの神様」として崇敬されています。

菊理媛神(ククリヒメ)はあの世とこの世の仲介もできる巫女?

上記で出てきた神話にあるように、亡くなった伊邪那美を追いかけて黄泉の国と現世の境目である“黄泉比良坂”へ行った伊邪那岐は、激しい口論の末、菊理媛神(ククリヒメ)にかけられた謎の言葉で現世に戻ってきます。
つまり伊邪那美は黄泉の国、伊邪那岐は現世にそれぞれ存在していたということです。
菊理媛神(ククリヒメ)は、黄泉の国と現世の間で託宣を受ける“巫女”を連想させますね。

菊理媛神(ククリヒメ)が祀られている神社は?

菊理媛神(ククリヒメ)は和合の神様と呼ばれており、縁結びのご利益で知られています。
そんな菊理媛神(ククリヒメ)が祀られている神社は、全国各地に約3000社あると言われています。

菊理媛神(くくりひめのかみ)など別名・別表記
日本書紀の中では『菊理媛神』という表記になっていますが、神社によって表記の仕方は異なります。
『菊理姫命・菊理媛命』や『菊理姫尊・菊理媛尊』(ククリヒメノミコト)と表記している神社もあります。
また、『菊理媛(ククリヒメ)』は、『白山比咩大神(シラヤマヒメノオオカミ)』『白山妙理権現』『白山神』『菊桐姫』と表記される神様と同様であるとされます。

約3000社と非常に多くの神社で祀られている『菊理媛神(ククリヒメ)』ですが、上記にもありますように実際には日本書紀の神話のほんのワンシーンに登場するのみで詳細は明記されておらず、謎に包まれた神様です。
龍神と深い縁がある神様と言われており、菊理媛神(ククリヒメ)を祀る白山神社総本宮“白山比咩神社”のご神体『霊峰 白山』では、龍神様の伝説もあるそうです。

菊理媛神(ククリヒメ)の御利益は?

それでは、菊理媛神(ククリヒメ)にはどんなご利益があるのでしょうか。
代表的なご利益として“縁結び”がありますが、ほかにも“縁切り”などの御利益でも知られています。
“縁結び”に関しては、恋愛だけに限らず様々な関係に当てはまると言われています。
ほかにも“夫婦円満”“開運招福”“家内安全”“五穀豊穣”など、様々なご利益、御神徳があるとされています。

菊理媛神(ククリヒメ)の御進路

上記でご利益が分かったので、次に菊理媛神(ククリヒメ)の御進路についてお話ししますね。
菊理媛神(ククリヒメ)は御進路も様々あり、非常に有り難い神様として祀られています。

・和合の神(縁結びの神)
・水神
・海の神
・農業神
・山の神

まとめ

いかがでしたか?
菊理媛神(ククリヒメ)は謎の多い神様ではありますが、現在も約3000社もの神社で祀られており、非常にご利益の多い神様であることが分かりましたね。
和合の神様として有名ですが、ほかにも多くの御利益があり、実は“縁切りの神様”としても有名です。
黄泉の国と現世の境の黄泉比良坂で激しく口論していた伊邪那岐と伊邪那美を仲直りさせ、後に天照大御神・月読尊・須佐之男命が生まれたことは、この国にとって大きな功績だと言えるかもしれませんね。
菊理媛神(ククリヒメ)を祀った神社に参拝してみてはいかがでしょうか。