目の端に光が走る時のスピリチュアルな意味とは?

普段の生活の中で、何でもないときに『目の端に光が走る』という経験をしたことがありますか。
目を開けているとき、或いは閉じているとき、いずれも同様のことが起こることがあります。

光はフラッシュのように感じる場合もあるでしょうし、流れるような光を感じることもあるでしょう。
中にはチカチカと点滅するような光を感じる方もいるかもしれません。
光の形状・感じ方は人によって様々です。

ここでは、『目の端に光が走るときのスピリチュアルな意味』についてお話ししていきます。
そんな経験のある方はもちろんのこと、これまで経験がない方これからは経験するかもしれませんので、是非最後までお付き合いください。

病気の可能性

まず第一に、病気である可能性のお話しからしていきましょう。
『目の端に光が走る』という現象が起こった時、「病気かもしれない」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実際に『目の端に光が走る』病気があります。
それは目の病気で、病名を“光視症(こうししょう)”と言います。

光視症の症状として、光が当たっていないのに光の点滅を目で感じたり、暗い部屋で稲妻のような光が見える現象が起こります。
眼球の硝子体の動きが網膜に刺激を与えることで起こる症状で、加齢によって発症することが多いそうです。
よく頭をぶつけたときに視界に火花が見えることがありますが、あの現象も光視症と同様の仕組みで起こる現象です。
『目の端に光が走る』現象に病的なものを感じる場合は、眼科を受診することをおすすめします。

目の端に光が走る時のスピリチュアルな意味

それでは、『目の端に光が走る時のスピリチュアルな意味』についてお話ししていきますね。