動悸が起こった時のスピリチュアルな4つの意味とは?

激しい運動をしたわけでもないのに、いきなり動悸が起こった経験はありませんか。
特別緊張もしていないのに心臓がドキドキして、自分の体調が心配になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、動悸が起こることにはスピリチュアルな意味があります。

ここでは『動悸が起こった時のスピリチュアルな意味についてお話ししていきます。
今までそんな経験がない方でも、是非読んでスピリチュアルな意味を把握しておいてください。
きっと役立つときはきます。
良かったら最後までお付き合いください。

動悸が起こった時のスピリチュアルな意味

スピリチュアルでは、動悸が起こった時の意味がいくつかあります。
その時のご自身の状況によって、当てはまるものを考えてみてください。
ここでは代表的なものを4つ挙げていきます。
いま動悸がしている方もいらっしゃるかもしれませんね。
その方は、読んでピンとくるものがあれば、それがあなたの動悸の理由でしょう。
先を急がず、ゆっくりと読んでくださいね。

心臓のドキドキはスピリチュアルエマージェンシー

突然心臓がドキドキし始めて動悸が止まらない状態になると、誰でも不安になるでしょう。
ほかの諸症状も観察した上で、病院を受診することも考慮した方が良いですね。
しかし病気ではないのに心臓がドキドキ・・、動悸が止まらなくなることがあります。
それはスピリチュアル的には“スピリチュアルエマージェンシー”という状態かもしれません。

“スピリチュアルエマージェンシー”は直訳すると“霊的危機”という意味ですが、説明すると「いま現在生きている人間としての自分の意識」と「魂の意識」が合わさる状態を指します。
人間としての意識と魂の意識は非常に大きなギャップがあり、その状況をすんなりと受け入れることができないために動悸が起こると言われています。
いまの人間としての自分が持っている感覚が「もしかしたら違うのかも・・」「こんなことじゃない・・」「何か違う・・」と感じることもあるようです。
妙な焦燥感や不安感が伴うこともありますので、できるだけ冷静になって気持ちを落ち着けましょう。