ケサランパサランとは?スピリチュアル的に解説!

『ケサランパサラン』をご存知ですか?
見た目はタンポポの綿毛のようで、空中を舞うように飛んでいるフワフワしたものです。
植物なのか動物なのか、その詳細は解明されていませんが、もちろん実在するもので見たことがあるという方もいらっしゃるでしょう。
詳細は不明ですが、スピリチュアルでは様々な意味のある存在であると言い伝えられています。

ここでは、そんな謎の物体『ケサランパサラン』についてお話しします。
是非最後まで読んでみてください。

ケサランパサランの正体は?

未だ謎の多い物体『ケサランパサラン』ですが、その正体には様々な説が唱えられています。
やはり多いのは「植物説」です。
パッと見、まるでタンポポの綿毛のような印象を受けますので、何かの植物の種子の綿毛だと考えることが多いようですね。
ただし、よく似ているものはあっても、まったく同じものはないそうです。
そして植物であると断定できる、決定的なものもないそうです。

さらに「昆虫説」があり、“雪虫”だとも言われています。
ほかにも“アオバハゴロモ”の幼虫は白い綿毛で覆われる特徴があり、非常によく似ています。
しかし『ケサランパサラン』は浮遊するように飛んでいるだけで、決して意思を持った動きはしないため、やはり昆虫説も決定打に欠けると言えますね。

また「動物の体毛説」もあるそうです。
しかし『ケサランパサラン』の形状を見れば、この説に関しては無理がありますね。

どの説を見ても何か違う・・・。
それだけ謎が多いのも『ケサランパサラン』の魅力の一つではないでしょうか。
それでは、そんな謎の多い『ケサランパサラン』には、スピリチュアル的にどんな意味があるのか見ていきましょう。

幸運を運ぶケサランパサラン

そんな未だ謎が多い『ケサランパサラン』ですが、スピリチュアルでは「ケサランパサランを持っていると幸運になれる」と言われています。

実は地域によって様々な言い伝えがあるようですが、それらはすべて一様に「幸運になれる」という内容になっています。
中にはあのフワフワした物体一つ一つが妖怪で、不思議なパワーを持っているという言い伝えもあり、表現は様々です。<