太陽の周りに虹の輪(日暈・ハロ現象)のスピリチュアルな意味とは?

太陽の周りに虹の輪っかを見たことがあるでしょうか。
「見たことがない」という方も多いかもしれませんね。
それだけ珍しい現象だということです。

この太陽の周りにできる虹の輪ですが、太陽ハロ現象と呼ばれており、日本では『日暈(ひがさ)』と言われています。
この現象を見るには、いくつもの条件をクリアした環境が必要です。
ハロ現象は、太陽の近くにある薄いベール状の雲(巻雲(けんうん)・巻積雲(けんせきうん))を形成している氷晶に太陽光が当たって、氷晶がプリズムとなって反射や屈折を起こしてできる大気光学現象だそうです。

太陽の周りにキレイな丸を描く虹が出るのは非常に稀で、見かけることができるハロ現象は、途中で虹が切れていたり、太陽の上下左右のどこかの虹が濃くなっているなど、キレイな真ん丸ではない虹が多いようですね。
そんな神秘的なハロ現象ですが、ここでは『太陽の周りに虹の輪(日暈・ハロ現象)のスピリチュアルな意味』についてお話ししていきます。
良かったら、最後までお付き合いください。

太陽のスピリチュアルな意味

太陽は地球にとって非常に偉大な存在ですね。
太陽がなければ、地球上のほとんどの生き物は生きていくのが難しいでしょう。
もちろん人間も。
そんな偉大な太陽ですが、スピリチュアルではどんな意味があるのでしょうか。

エネルギーチャージの効果

人は誰でもストレスを抱えており、時には無気力になることがあります。
太陽には、そんな状態を改善するのに必要なエネルギーが含まれていると言われています。
1日に15~20分、太陽の光を浴びるだけで、ストレスが軽減しエネルギーがチャージされます。
太陽光を浴びることで、リラックス効果などの心地よさを感じることができます。
「やる気がない」「無気力」そんなときは太陽のエネルギーをもらうと良いで