彩雲(虹雲)のスピリチュアルな4つの意味とは?

『彩雲(虹雲)』をご存知ですか?見たことはありますか?
非常に珍しい雲で、虹のように七色に輝く雲です。
英語では、『rainbow cluds(虹の雲)』『fire rainbows(炎の雲)』『iridescent clouds(玉虫色の雲)』と言い、やはり美しい雲として知られています。
とても美しい雲で、珍しい現象ですので、スピリチュアル的にも良い意味がありそうですよね。
ここでは『彩雲(虹雲)のスピリチュアルな意味』についてお話ししていきます。
良かったら、最後までお付き合いください。

虹色の彩雲(虹雲)はどうやってできるのか?

彩雲は、太陽の近くを通った雲が様々な色に彩られ、別名虹雲とも呼ばれているように、虹色に輝く現象のことを言います。
虹色の雲はとてもキレイで、見つけたらきっとテンションが上がってスマホで写真を撮りたくなってしまうでしょう。
では、そんな彩雲ができる仕組みについてご説明しますね。

雲はどのように形成されているかご存知ですか?
雲は水蒸気や氷の粒で形成され、白色をしています。
彩雲の虹色は、太陽光が雲の粒子を回り込んむように進むことで発生するもので、その現象を『回折』と言います。
そのときに波長が長い光は赤色、波長が短い光は青色になり、赤色が青色よりも大きな角度で雲の粒子に回り込みます。
さらに色によって進行方向に違いがあるため、それぞれの色が分かれて見えるのです。

また、雲の粒子の大きさによって回り込み方に違いがあるので、雲の粒子の大きさで違う雲の色となって見えます。
太陽光の加減で、同じように雲が太陽の前を通っても、彩雲が発生するときとしないときがあります。
ですから彩雲は、気象条件によって発生するしないが決まるわけではなく、「こういうときに発生する」と条件を断定することが難しい現象なのです。
もしも彩雲を見つけることができたら、それだけで幸運な出来事です。

彩雲(虹雲)のスピリチュアルなメッセージ

とてもキレイで、いつでも見ることができる現象ではない珍しい彩雲は、スピリチュアル的にはどんなメッセージがあるのでしょうか。
美しく珍しい現象ですから、きっといい意味があるメッセージですよね。
いくつかのメッセージがありますので、順番にお話ししていきますね。
それでは一つずつ見ていきましょう。

運気上昇・開運のメッセージ

やはり一つ目は『運気上昇』『開運』のサイン、とてもいいメ